肺と呼吸

肺は吸気から酸素を血液中に取り入れて血液中の二酸化炭素を呼気中に排出します。

このような肺の機能をガス交換と言います。

慢性呼吸不全は肺のガス交換が1ヶ月以上の間、障害される状態を言います。

症状の観察

高齢者の慢性呼吸不全で多い病気として慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎、間質性肺炎、肺線維症、陳旧性肺結核、肺癌、などがあります。

呼吸困難、息切れなどの呼吸器の症状があるかどうかを確認します。

風邪や肺炎により症状が悪化します。

低酸素血症の影響で全身に症状があらわれます。

介護

医師と相談して、在宅酸素療法を導入します。

在宅酸素療法が対象となる病気は、肺気腫、間質性肺炎、肺線維症、肺結核後遺症などです。

症状が安定しても血液中の酸素が低いと在宅酸素療法がすすめられます。

免疫力 バナー