貯蔵タンク

エネルギーの貯蔵

体の中で脂肪を貯蔵するのは、脂肪細胞と呼ばれる特殊な細胞です。

この細胞脂肪は、皮下や腸間膜(腹腔内に内臓脂肪がつく部位)、肝臓の周囲、胃に付着した大網膜、睾丸や子宮の性腺、これらの部位に筋肉間などに集まって脂肪組織を形成します。

脂肪細胞の数は、成人で250億個と言われますが個人差があります。

脂肪細胞の成長は、生後一年までと思春期に増加するので思春期の肥満は脂肪細胞が増えて一つ一つの脂肪細胞が肥大した結果です。

しかし、成人してから肥満になった人の場合は、脂肪細胞の数はあまり増えず、一つ一つの脂肪細胞を肥大させて間に合わせます。

つまり、子供の頃から太っている人は他の人より脂肪細胞の数が多くなっていると言うことになります。

子供の頃から太っている人は脂肪を削ぎ落とすのが大変で、大人になってから太った人はダイエットも簡単になるのです。

食事制限や有酸素運動によって、エネルギーの摂取よりも消費を大きくすると当然脂肪は減ります。

脂肪細胞の数は減りませんが、各脂肪細胞の容積が小さくなるのです。

つまり、脂肪細胞の数が多い人は減量には相当の努力が必要になります。

減量に成功しても、リバウンドをしやすい人は、脂肪細胞の数が多いことが考えられます。

脂肪とは何か?

脂肪細胞に蓄えられている脂肪の元は、食事で摂取した炭水化物と油脂です。

この二つの成分は、経路は違いますが、何れも消化吸収の後血中で中性脂肪になります。

血中の中性脂肪が必要以上に余ると脂肪細胞がそれを取り込んで貯蔵する仕組みに成っています。

コレステロールとは?

肉の脂肪などの食物中の油脂は、消化吸収されるとカイロミクロンという中性脂肪にとむ最少の形の脂肪球となって血中に放出されます。

これはやがて肝臓で中性脂肪に合成され低比重リポ蛋白(LDL)や超低比重リポ蛋白(VLDL)などの形になり血中に放出されます。これらは一般的に悪玉コレステロールと呼ばれます。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの解説

このVLDLやLDLが悪玉扱いをされるのは、余ったものが体の隅々まで運ばれコレステロールが動脈壁に付着して動脈硬化の原因となるからです。

これらの悪玉コレステロールも元々は生体にとって欠かせない物質です。

コレステロールは細胞膜の主成分でもあり、生体の機能を調節する重要なホルモン、ステロイドホルモンの原料になり生体にとっては無くてはならない成分でもあります。

このコレステロールを運ぶ役割をしているLDLがなければ生命活動は成り立ちません。

一方、善玉コレステロールと呼ばれるのがHDL高比重リポ蛋白と呼ばれるコレステロールで、末梢で余ったコレステロールを肝臓まで持ち帰る役割をします。

肝臓に戻ったコレステロールは胆汁酸に変えられ胆汁中に排出されます。

脂肪が貯蔵されるメカニズム

血中の中性脂肪が脂肪細胞に取り込まれるには、リポ蛋白リパーゼ(LPL)という酵素が働きます。

この酵素は血中の脂質をグリセリンと脂肪酸に分解して、脂肪細胞は分解された脂肪酸を取り込みます。

脂肪細胞中に取り込まれた脂肪酸はブドウ糖から合成されたグリセロールという物質と結合して脂肪に合成され貯蔵されるのです。

この脂肪の貯蔵で大きな役割を果たすLPLはインスリンにより活性し、インスリンは糖を分解するホルモンで欠乏すると糖尿病となります。

糖質をたくさん摂るとこのインスリンの分泌も活性化され、つまり糖分の多い甘いモノや糖質である炭水化物をたくさん食べるとインスリンの分泌が増えてLPLが活性化され脂肪として貯蔵されるのです。

また、血中にVLDLやカイロミクロンが大量に存在している時も細胞脂肪への脂肪の貯蔵が促進されます。

肉類の動物脂肪や糖分の多いものは、摂取カロリーを増やすだけではなく血中のカイロミクロンを増やし肥満を促進させる原因ともなるので食べ物には十分注意を払いましょう!

excercise about_to_nutr