苦しむ男性

ガンの自覚症状

ガンは、発病初期は無症状に進行することが多いとされています。

何とはなしに体の異常や変調を自覚して受診しガンが発見されたというケースも多いようです。

また、特定の症状が現れても必ず癌であるというような特異的な症状というものは無いようです。

また、発生した臓器によっては、ガンが進行してからではないと自覚症状が現れてこないともされています。

その為、40歳を過ぎたら定期健診や検査を受けることを習慣づけることが早期発見につながります。

症状別のガンの種類の解説はコチラ

ガンの進行と症状の変化

早期がん

  • 無症状・・・発病初期には自覚症状が無く、無症状に進行することが多い。
  • 異常感・・・なんとはなしに異常に気づく。(この時期の早期発見が大切)

中期がん

  • しこり・・・体の表面にシコリを感じるようになる。
  • 出血・・・鼻血が続く、血痰や血を吐く、尿や便に血が混ざる、不正性器出血などがある。

進行がん

  • 痛み・・・ガン細胞が神経を圧迫して痛み出す。
  • 全身症状・・・体重減少、食欲不振、呼吸困難などの全身症状や黄疸

食物を飲み込みにくい、尿や便が出ない、等ガンが発生した組織に応じた症状が出る。

ガンの代表的な症状

しこり・腫れ

体の表面に近い場所にできたシコリや腫れは、手で触れる事が出来る場合があり目で見て確認できる場合もあります。

乳ガンでは、乳房の他に部分より硬いシコリを感じることがあり甲状腺がんでは首の前側の部分にシコリを感じることがあります。

胃ガン、肝ガン、膵ガン、大腸ガンなどの腹部に出来たガンではお腹にシコリを感じる場合もあります。

また、脇の下や腿の付け根などのリンパ筋が腫れてきて受診しガンが発見されることも多いようです。

ただし、リンパ筋の腫れはガン以外の病気でも起こります。

また、皮膚がんでは、目視により異常を感じ取れる場合もあります。

痛みや痒みのないできものができて、比較的短時間で、大きさ、色、形などに変化が起きた場合や、いつまでも治らない潰瘍が皮膚にあったら要注意です。

出血

ガン細胞からの出血は、ガンの種類や発生した部位によって様々な症状となり現れます。

代表的なものは、血痰、吐血、喀血、血便、血尿ですが、こららの症状はガン以外の病気でも起こります。

血痰、喀血、吐血

肺がんが進行すると少量の血痰が連日でるようになるとされます。

喀血も肺がんなどで現れる症状とされています。

吐血や下血は胃ガンなど消化器系のガンで多く起こると言われています。

血尿

血液が混ざる尿を血尿と呼び、含まれている血液の量が多く見るからに血尿とわかる肉眼的血尿と血液の量が少なく、顕微鏡などで調べなければ分からない血尿を顕微鏡的血尿と呼びます。

この内、自覚できるのは肉眼的血尿ですが腎臓や膀胱など尿路系に癌ができると血尿が現れるようです。

特に、一度現れた血尿が短時間御うちに消えて、半年以上立って再発する場合は泌尿器のガンである可能性が高いとされています。

下血・血便

大腸ガンの代表的な症状とされています。

肛門に近い直腸や下行結腸の場合は、見た目にもわかる出血となって現れますが肛門から遠い上行結腸や胃からの出血では便が黒っぽくなるなるだけでなかなか血便とは気づきにくいようです。

不正性器出血

女性性器のガンで現れる不正性器出血は、月経による出血と間違われることが多いようです。

普段より、生理のサイクルとその特徴を知っておく必要があります。

痛み

ガンの病巣が骨、筋肉、神経に及んだり神経を圧迫すると痛みが起こります。

食道ガン、肺がんで起こる胸痛、脊髄腫瘍などで起こる背部痛や腰痛、消化器のガンや女性性器のガンで起こる腹部の痛みなどはガン特有の症状ではないものの、最も強く出る症状とされています。

腹部の痛みとしこり

1:みぞおちの痛みとしこり

・胃ガン ・胃肉腫

2:右上腹部の痛みとしこり

・肝ガン ・胆管がん ・胆嚢がん ・腎細胞癌 ・ウィルムス腫瘍

3:左上腹部の痛みとしこり

・膵ガン ・腎細胞癌 ・ウィルムス腫瘍

4:下腹部の痛みとしこり

・結腸ガン ・直腸がん ・子宮ガン ・膣がん ・卵管がん

ガンの危険信号

胃ガン

胸やけや胃のもたれなど、胃の具合が悪くないかどうか。

食べ物の好みが変わったりしていないか。

胃がんについての詳しい解説はコチラ

食道ガン

食べ物や水を飲み込む時に胸につかえる感じがしないかどうか。

食道がんについての詳しい解説はコチラ

結腸ガン・直腸がん

便秘と下痢と繰り返していないかどうか。

便に血液や粘膜が混じったりしていないかどうか。

大腸癌(結腸ガン・直腸がん)についての詳しい解説はコチラ

肺がん・喉頭ガン

せきが長引いたり、痰に血が混じったりしていないか。

肺がんについての詳しい解説はコチラ

喉頭がんについての解説はコチラ

舌ガン、皮膚がん

治りにくいできものはないか。潰瘍が体のどこかにないか。

舌ガンについての詳しい解説はコチラ

子宮ガン

生理とは関係なくおりものが出たり不正性器出血がないか。

乳ガン

乳房にしこりを感じることはないか。

乳ガンに関する詳しい解説はコチラ

腎がん、膀胱がん、前立腺ガン

尿の出が悪くなったり、尿に血液が混じることはないか。

膀胱ガンに関する詳しい解説はコチラ

前立腺ガンに関する詳しい解説はコチラ