体の透視図

目次

発熱

熱が続く

急性白血病

初期は、発熱などの風邪のような症状が続き、検診などでは貧血を指摘されることもあるとされています。

急性白血病の解説はコチラ

小児白血病

発熱の他、皮下出血、鼻血、血便などの症状があり、幼児では骨痛、関節痛もあるとされています。

リンパ節の腫れ

悪性リンパ腫

首、脇の下、腿の付け根などのリンパ節が腫れてくるが痛みはないことが多くその他には発熱、全身倦怠感、寝汗、体重減少なども伴うことが多いとされています。

悪性リンパ腫の解説はコチラ

微熱

各種のがん

肺がん、胆管がん、直腸がん、ウィルムス腫瘍、子宮体がん、神経芽腫、多発性骨髄腫骨腫瘍、成人T細胞白血病、などで微熱が出ることがあるとされています。

頭痛

吐き気・嘔吐をともなう

脳腫瘍

初期には、起床時に吐き気や嘔吐を伴う頭痛があることが多いとされます。

進行すると激しい頭痛が続きます。

子供は、明け方に機嫌が悪くなったり、嘔吐したり、頭痛を訴えることが多いとされます。

脳腫瘍の詳しい解説はコチラ

血や膿の混じった鼻水

鼻副鼻腔のガン

初期にはほとんど無症状で、進行すると血や膿の混ざった鼻水が出て涙が出やすくなります。

頭痛のほか、頬や歯肉の腫れ、歯痛、眼球突出、口が開けづらいなどの症状があるとされます。

鼻副鼻腔癌の解説はコチラ

難聴・耳鳴りをともなう

上咽頭がん

初期には、耳閉感、難聴、鼻づまり、鼻血、アゴの腫れ、声がかすれる、複視といった症状や頭痛が起こるとされています。

上咽頭癌の解説はコチラ

胸痛

せき・たんをともなう

肺がん(小細胞肺癌)

せき、たん、血痰、発熱、胸痛、背部痛、呼吸困難を感じることが多く進行すると体重減少、首のリンパ節の腫れ、上半身のむくみがあらわれるとされています。

小細胞肺がんの解説はコチラ

肺がん(非小細胞肺癌)

初期から、せき、たん、血痰などの症状が出て進行すると胸痛、背部痛、呼吸困難になることが多いとされています。

非小細胞肺がんの解説はコチラ

食物を飲み込みにくい

食道ガン

初期は無症状のことが多いいが、食べ物を食べる時につかえを感じ、胸骨後方の痛み胸やけがすることもあるとされています。

進行すると飲み込みが困難になり、嘔吐することもあるとされています。

食道がんの解説はコチラ

漠然とした胸痛

縦隔腫瘍

胸痛の他に、顔のむくみ、息苦しさ、手足の麻痺や貧血などが現れることが多いとされています。

縦隔腫瘍の解説はコチラ

多発性骨髄腫

胸や全身の骨の痛み、倦怠感、息切れ、動悸、貧血などがあるとされています。

乳房の異常

乳房にしこり

乳ガン

しこりの他、乳頭から血液の混じった分泌液や血液が出たり、乳頭がただれたりします。

進行すると皮膚に陥没や盛り上がり、脇の下のリンパ節が腫れることもあるようです。

乳がんの解説はコチラ

湿疹

乳房ページェット病

乳房に湿疹ができたりたむしのような病変が現れるとされています。

乳汁の分泌

脳腫瘍

乳汁分泌ホルモンを産生する腫瘍が発生すると出産に関係なく乳汁が分泌されます。

脳腫瘍の解説はコチラ

背中の痛み

にぶい痛み

脊椎腫瘍

背中のにぶい痛み、動くと痛みが強くなったり起立や歩行も困難になります。

多くは脊椎にガンが転移して起こります。

脊髄腫瘍

背中の鈍痛と近くの低下、筋力の低下、排便・排尿が困難になるとされています。

上腹部痛

みぞおちの痛み

胃ガン・胃肉腫

初期は無症状のことが多く、進行すると食後にみずおちのあたりが痛む、食欲不振、悪心、胸が使えるような痛みを感じ、下痢、便秘、体重減少などの症状が伴うとされています。

胃がんの解説はコチラ

右上腹部が痛い

胆管がん

みずおちから右脇にかけての鈍痛の他、黄疸、発熱、食欲不振、体重減少などの症状があるとされています。

胆管ガンの解説はコチラ

肝臓ガン

上腹部の圧迫感や痛み、腹部膨満の他に体重減少、黄疸が出るとされています。

ガンが大きくなると上腹部にしこりを感じる場合もあるとされています。

肝臓癌の解説はコチラ

胆嚢がん

初期は無症状のことが多く、胆石を併発していると腹痛も伴うとされています。

進行すると、右脇腹から上腹部にかけての痛みや発熱、吐き気、食欲不振、体重減少、全身倦怠感、黄疸などの症状が出て腹部にしこりを感じる場合もあるとされています。

胆嚢癌の解説はコチラ

左上腹部が痛い

膵ガン

初期は無症状のことが多く、進行すると上腹部に痛み、背部痛、黄疸、食欲不振、体重減少、などの症状があるとされています。

膵臓癌の解説はコチラ

上側腹部痛

腎細胞癌

上側腹部痛、不快感、圧迫感や血尿、発熱、側腹部にシコリを感じるとされ進行すると、貧血や食欲不振などの症状が現れるとされています。

腎細胞癌の解説はコチラ

ウィルムス腫瘍

腹痛、血尿、発熱、腹部にシコリを感じることもあるとされています。

下腹部痛

便秘・下痢・血便

大腸ガン(結腸ガン・直腸がん)

初期は血便で気づくこともあるが、多くは無症状だとされています。

進行すると、貧血、腹鳴、残便感、便秘、下痢、便が細くなる、腹痛などガンの発生部位により様々な症状が出るとされています。

大腸癌の解説はコチラ

不正性器出血

子宮頸ガン

初期には性交後に性器出血が起こることがあり、ガンが周囲の臓器に転移すると頻尿、排尿や排便障害、下腹部痛、腰痛、下肢の痛みがあるとされています。

子宮頸がんの解説はコチラ

おりもの

子宮体がん

不正性器出血、帯下、が主な症状で、進行すると、おりものに膿や血液が混じり悪臭を伴うこともあるとされます。

更に進行すると、陣痛のような下腹部痛や貧血などもあるとされています。

子宮体癌の解説はコチラ

膣がん

主な症状は不正性器出血で悪臭を伴うおっりものを伴うこともあり進行すると腰痛や下腹部痛があるとされています。

膣癌の解説はコチラ

卵巣ガン・卵管がん

特有の症状はなく、特に下腹部の痛み、帯下、不正性器出血があるとされています。

卵巣癌の解説はコチラ

腹部のしこり

上腹部にしこり

胃ガン・胃肉腫

はじめは無症状であるが上腹部にしこりを感じる場合もあるとされています。

他には上腹部痛、吐血、下血、タール便などの症状が現れることもあるとされています。

胃がんの解説はコチラ

神経芽腫

乳幼児には腹部のシコリが現れるとされます。

腹部膨満感、呼吸困難、発熱、倦怠感、顔色が悪いなどの症状もあるとされます。

右上腹部にしこり

肝臓ガン

ガンが大きくなるとしこりを感じる場合もあるとされています。

その他には、上腹部の圧迫感や痛みがあるとされています。

肝臓がんの解説はコチラ

胆嚢がん

初期は無症状のことが多く、進行すると右脇から上腹部にかけての痛みや発熱、吐き気、食欲不振、体重減少、全身倦怠感、黄疸、腹部のしこりなどがあるとされます。

胆嚢癌の解説はコチラ

側腹部にしこり

ウィルムス腫瘍

初期は腹部が膨れることがあり、腹部にシコリを感じることもあるとされます。

腎細胞癌

上側腹部の鈍痛、不快感、圧迫感の他、血尿、腹部のシコリが現れることもあるとされます。

腎細胞がんの解説はコチラ

女性の下腹部にしこり

卵巣ガン

初期は、無症状のことが多く、下腹部に硬いものを感じたり下腹部の腫れがあるとされます。

進行すると腹水がたまるとされています。

卵巣癌の解説はコチラ

腰痛

腰痛が時々起こる

脊髄腫瘍

腰部や周辺の脊髄に腫瘍が発生すると腰痛が症状として出て進行すると手やしの麻痺も伴うことがあるとされています。

前立腺ガン

初期はほとんど無症状で、進行の程度により、頻尿、残尿感、血尿、腰痛などがあるとされます。

前立腺癌の解説はコチラ

子宮頸ガン

ガンが周囲に広がると腰痛が出るようになり、

その他には頻尿、排尿・排便障害、下腹部痛があるとされています。

子宮頸癌の解説はコチラ

膣がん

進行すると、腰痛や下腹部痛があるとされています。

膣癌の解説はコチラ

持続性の腰痛

多発性骨髄腫

持続性の腰痛が起こり、日によっては体を動かす時に痛みます。

他に視力障害、手足の麻痺、倦怠感、めまい、息切れ、発熱、下腹部痛が起こります。

息苦しさ・呼吸困難

声がかすれる

喉頭ガン

初めは声がかすれる、喉の異常感、喉の痛みがし

進行すると血痰、呼吸困難や物を飲みにくいといった症状が出るとされています。

喉頭癌の解説はコチラ

首の前部にしこり

甲状腺がん

首の前の部分にしこりを感じ、声がかすれる、水を飲むとむせるなどの症状が出て進行すると血痰、呼吸困難、物が飲みにくくなるとされています。

甲状腺癌の解説はコチラ

せき、たん

肺がん

咳、痰、血痰、発熱、胸痛、背部痛、呼吸困難などが現れて進行すると体重減少、首のリンパ節の腫れ、上半身のむくみなどが現れるとされます。

肺癌の解説はコチラ

悪性リンパ腫

非ホジキンリンパ腫が縦隔に発生すると呼吸困難が生じるとされます。

悪性リンパ腫の解説はコチラ

神経芽腫

縦隔に発生した神経芽腫が増大すると呼吸困難が生じるとされます。

成人T細胞白血病

せき、たん、発熱などの呼吸器感染症、皮膚の真菌症がしばしば起こるとされます。

せき・たん・血痰

小細胞がん・非小細胞がん

初めは、せき、たん、血痰、発熱、胸痛、背部痛、呼吸困難などがあり進行すると体重減少、首のリンパ節の腫れ、上半身のむくみなどが現れるとされます。

小細胞肺癌の解説はコチラ

非小細胞肺がんの解説はコチラ

動悸

縦隔腫瘍

縦隔腫瘍が迷走神経や心臓を圧迫すると、呼吸困難、動悸、胸痛、胸部圧迫感があるとされます。

縦隔腫瘍の解説はコチラ

やせる

急に痩せる

消化器系のガン

ガンが進行すると痩せてきます。特に胃、結腸、肝臓、胆道などの消化器に発生したガンが進行すると著しく痩せるとされています。

徐々に痩せる

各種のガン

消化器系のがん以外でも小細胞肺癌、白血病、悪性リンパ腫などで痩せるとされます。

ガン種類の一覧はコチラ

むくみ

顔面のむくみ

縦隔腫瘍

胸痛、顔面のむくみ、息苦しさなどの症状が出るとされています。

縦隔腫瘍の解説はコチラ

非ホジキンリンパ腫

せき、呼吸困難、顔のむくみ、腹部のしこり、腹部膨満感、頭痛、嘔吐などの症状があるとされます。

足のむくみ

前立腺ガン

進行すると頻尿、残尿感、腰痛、坐骨神経痛、貧血の他、足がむくむこともあるとされます。

前立腺ガンの解説はコチラ

貧血

白血病

貧血の他、皮下出血、鼻血、血便、発熱などがあり、急性白血病では貧血と発熱慢性白血病では貧血、疲労感、体重減少などの症状があるとされます。

急性白血病の解説はコチラ

慢性骨髄性白血病

貧血の他、全身の倦怠感と微熱が出るとされています。

慢性骨髄性白血病の解説はコチラ

各種のがん

胃ガン、大腸ガン、多発性骨髄腫などのガンで貧血になるとされます。

だるい・気力がわかない

白血病

小児白血病では疲れやすく元気がなくなる、貧血、発熱、歯肉出血、鼻血、皮下出血などが慢性白血病では全身の倦怠感と疲れやすさ体重の減少が起こるとされます。

急性白血病の解説はコチラ

慢性白血病の解説はコチラ

各種のがん

肝ガン、多発性骨髄腫など様々なガンで倦怠感と疲れやすいという症状があるとされます。

痙攣(けいれん)・麻痺(まひ)

脳腫瘍

急にけいれんを起こす、意識を失って倒れる、手足が麻痺するという症状が出るとされています。

脳腫瘍の解説はコチラ

神経芽腫

神経芽腫が脊椎の中で増大すると脊髄を圧迫して手足の麻痺や筋力の低下などが現れるとされます。

めまい

耳鳴り・難聴をともなう

中耳ガン

30~50代の人に多いとされ、最初は軽い難聴、進行すると耳鳴り、目眩、ふらつきなどが現れひどくなると顔面神経の麻痺、頭痛、視力障害などが現れるとされます。

耳のガンの解説はコチラ

頭痛・吐き気

脳腫瘍

腫瘍発生の部位により目眩の他、手足の麻痺、歩行時のふらつき、痙攣などが現れるとされます。

脳腫瘍の解説はコチラ

多発性骨髄腫

持続性の腰痛のほか、めまい、全身の倦怠感、息切れ、発熱などの症状が出るとされています。

吐き気・嘔吐

頭痛をともなう

脳腫瘍

初期には、起床時に吐き気、嘔吐を伴う頭痛が起こり、進行すると激しい頭痛が続きます。

脳腫瘍の解説はコチラ

食欲不振

食道ガン

食物を飲み込みにくい、喉のつかえを感じる、胸骨が痛む、全身がだるい食欲不振胸やけ、吐き気が起こります。

食道がんの解説はコチラ

胃ガン

初期症状はあまりないが、食欲不振、進行すると胸痛、血痰、喀血、貧血が起こるとされます。

胃癌の解説はコチラ

血を吐く

吐血

胃ガン

胃からの出血があると吐血や下血があることもあります。

胃癌の解説はコチラ

喀血

肺がん

初期はほとんど無症状で進行すると胸痛、血痰、喀血、貧血がある。

肺癌の解説はコチラ

食欲が無い・もたれ

胃ガン

胸やけ・げっぷ、食欲不振を伴う。

胃癌の解説はコチラ

肝ガン

肝臓の解毒作用や代謝の低下が原因で食欲不振になる場合もある。

肝臓がんの解説はコチラ

膵臓ガン

消化酵素が不足して食欲不振になる。

膵臓癌の解説はコチラ

胆嚢・胆管がん

胆嚢がん、胆管がんなどで食欲が低下します。

胆嚢・胆管ガンの解説はコチラ

下痢・便秘

大腸ガン

下痢が続いたり下痢と便秘が交互に起こったりします。

腹鳴、食欲不振、倦怠感、体重減少も伴います。

大腸癌の解説はコチラ

膵ガン

初期は無症状、進行すると腹痛、体重減少、黄疸、食欲不振、嘔吐、下痢、便秘などの症状。

膵臓癌の解説はコチラ

血便

黒色の便

胃ガン

胃から出血すると下血となって黒色便やタール便になる。

便に血がまじることもあるとされる。

胃癌の解説はコチラ

血がまじる

結腸ガン

軽い下痢が続いたり、下痢と便秘が交互に起こったりします。便に血が混じることもある。

結腸ガンの解説はコチラ

便に血が付着

直腸がん

便秘や下痢になりがちです。便に血が付いたり黒褐色の便秘が出ることもあります。

直腸癌の解説はコチラ

普段から便秘がち

大腸ガン

初期では、便秘が続くことが多いとされます。

下痢と便秘が交互に起こり、腹痛、食欲不振、倦怠感、体重減少もあるとされます。

大腸ガンの解説はコチラ

視力・視野の異常

視力・視野に異常

脳腫瘍

腫瘍の発生部位により片側の視力低下や視力低下や視野狭窄など様々な症状が現れるとされます。

脳腫瘍の解説はコチラ

ぶどう膜悪性黒色腫

視力の低下や視野が狭くなったり飛蚊症(虫が舞っているように見える。)が現れる。

多発性骨髄腫

骨痛が特徴で、視力障害や倦怠感、めまい、息切れなどの症状が起こるとされています。

物が二重に見える

上咽頭がん

初期は耳づまりや難聴、耳鳴り、鼻詰まり、鼻血、アゴの腫れ、声のかすれ、頭痛のほか

物が二重に見えるといった症状が出るとされています。

咽頭ガンの解説はコチラ

瞳孔の色が白又は黄色

網膜芽腫

乳幼児の目の悪性黒色腫で、夜間に瞳孔が猫の目のように白く光り、斜視、緑内障、結膜の充血、角膜のにごりで発症することもあるとされています。

眼球の異常・眼球の突出

上顎洞癌

進行すると眼球突出、白目が目立つようになる他、血液や膿の混じった鼻水が出たり涙がでやすくなり、顎が腫れる歯痛などが現れます。

上顎洞ガンの解説はコチラ

小児白血病

貧血、皮下出血、鼻血、血便、発熱などの症状のほか、眼球突出することもあるとされています。

神経芽腫

骨や眼窩に転移しやすい為、眼球突出、眼の周囲の皮下溢血が起こるとされます。

横紋筋肉腫

眼窩に発生すると眼球突出や眼瞼下垂などが現れるとされます。

耳の異常

徐々に難聴になる・耳鳴りがする

脳腫瘍

脳の聴覚神経にガンが発生すると、片側の難聴や耳鳴り目眩などが起こるとされます。

脳腫瘍の解説はコチラ

上咽頭がん

初期は、耳づまりや難聴、耳鳴り、鼻づまり、鼻血、アゴの腫れ、声かすれ頭痛のほか複視といった症状が出るとされています。

咽頭ガンの解説はコチラ

耳漏

耳が痛い

耳のガン

血の混じった耳漏、耳の痛みが長時間続くなどあるとされます。

耳の癌の解説はコチラ

耳鳴り

横紋筋肉腫

鼻にできると、いびきや鼻水が出てシコリを感じることもあるとされます。

鼻の異常

鼻血

上顎洞がん

片側の鼻詰まり、血や膿の混ざった悪臭のする尾獣、顔の痛みや腫れがあるとされます。

上顎洞ガンの解説はコチラ

上咽頭がん

鼻詰まり、血が混じった鼻水の他、耳づまり難聴、耳鳴りがするとされています。

上咽頭癌の解説はコチラ

小児白血病

鼻血、貧血、皮下出血、血便、リンパ節の腫れ、歯茎の腫れが現れるとされます。

いびき・鼻水

横紋筋肉腫

鼻にできると、いびきや鼻水が出ます。シコリが現れることもあるとされています。

口腔・舌・唇の異常

舌の異常

舌ガン

舌の縁や裏側に治りにくい潰瘍やしこり、白い粘膜面が出来る場合があります。

舌ガンの解説はコチラ

口が臭う

上顎洞がん

片側の鼻詰まり血の混じった悪臭のある鼻汁、流涙、顔の痛みや腫れ口臭があるとされます。

上顎洞ガンの解説はコチラ

食道ガン

食べ物を飲み込めない、喉のつっかえた感じ、胸骨の痛み、全身がだるい

食欲不振、、胸やけ、吐き気の他、口臭もあるとされます。

食道癌の解説はコチラ

胃ガン

初期には症状はないが、胸やけ、げっぷ、口臭などもあるとされています。

胃癌の解説はコチラ

顔面の腫れ・しこり

顔面の腫れ

脳腫瘍

眉や顔が腫れてきたり、末端が肥大してくるなどの症状が出るとされます。

脳腫瘍の解説はコチラ

上顎洞がん

進行すると、頬や歯肉が腫れることもあるようです。

上顎洞ガンの解説はコチラ

上咽頭がん

難聴、耳づまり、耳鳴り、鼻づまり、鼻血の他、アゴの腫れがあるとされています。

上咽頭癌の解説はコチラ

唾液腺がん

腫瘍が発生した部位により、耳の前の部分や下顎に痛みを感じることがあるとされています。

口腔がんの解説はコチラ

歯肉の腫れ

小児白血病

歯肉が腫れたり、眼球が突出することがあるとされています。

言語障害

脳腫瘍

思っていることが話せない、字が書けないなどの症状が出るとされています。

脳腫瘍の解説はコチラ

のどの異常

声がかすれる・物が飲み込みにくい

甲状腺がん

首にシコリを感じたり、声がかすれる、水を飲むとむせたり血痰が出る呼吸困難、物が飲みにくいといった症状が出るとされています。

甲状腺がんの解説はコチラ

上咽頭がん

初期では声がかすれるほか、耳づまりや難聴、耳鳴り、鼻づまり、鼻血、アゴの腫れ頭痛、複視などの症状があるとされています。

咽頭癌の解説はコチラ

中咽頭がん

初期では、無症状で、異物感や痛み、腫れ、シコリを感じることもあるとされています。

また、嚥下痛などの症状があるとされています。

下咽頭がん

初期はのどの違和感、飲食物が喉にしみる、喉が痛むなどの症状が出て首のリンパ節の腫れで気づく場合もあるとされています。

喉頭ガン

初期は声がかすれる、喉の異常や痛み、進行すると腫れや、しこり、呼吸困難や物が飲みにくいなどの症状があるとされています。

喉頭癌の解説はコチラ

食道ガン

食物を飲み込むとつかえる感じがして、胸骨の痛みや胸やけがするとされています。

食道癌の解説はコチラ

首の腫れとしこり

悪性リンパ腫

首、脇の下、腿の付け根などのリンパ節が腫れてきて微熱をともない、喉の違和感や上腹部の不快感、胃痛があるとされています。

悪性リンパ腫の解説はコチラ

中咽頭がん

初期は無症状で、のどの痛みと嚥下痛を感じるようになります。

リンパ節が腫れることもあるとされています。

咽頭癌の解説はコチラ

小細胞肺癌

進行すると、体重減少、頸部リンパ節の腫れ、上半身のむくみなどを感じるとされます。

小細胞肺癌の解説はコチラ

急性・慢性白血病

疲労感、動悸、息切れ、発熱、寝汗の他、出血しやすくなったり首のリンパ節が腫れることもあるとされています。

急性白血病の解説はコチラ

慢性白血病の解説はコチラ

尿の異常

血尿

腎臓がん

初期には自然に治まる血尿ですが、進行すると血尿が続き腹部の不快感、圧迫感、発熱もあるとされます。

腎臓癌の解説はコチラ

膀胱がん

1~2回現れて。自然に消失する血尿が初期症状と言われています。

進むと排尿痛、頻尿、排尿困難から腎臓に尿がたまる水腎症になるとされています。

膀胱癌の解説はコチラ

尿線が細い

前立腺ガン

初期症状は無く、進行すると尿線が細くなったり、尿の切れが悪くなったり排尿障害が現れることもあるとされています。

前立腺ガンの解説はコチラ

尿量が増える

副甲状腺がん

血液中のカルシウム濃度が上がるため喉が乾き尿量が増えるなどの症状が出るとされます。

甲状腺がんの解説はコチラ

黄褐色の尿

肝臓ガン・胆道がん

黄疸になると濃い茶褐色の尿が出るとされます。

肝臓がんの解説はコチラ

男性性器の異常

陰茎がん

初めは陰茎に痛みのないしこりができて、進行すると潰瘍ができて悪臭を放つとされています。

睾丸腫瘍

片方の睾丸が徐々に大きくなり、ある程度以上大きくなると

痛みや頻尿や便秘などの症状が出るとされています。

睾丸腫瘍の解説はコチラ

不正性器出血

膣がん

初期は、性交後の不正性器出血、血の混じった帯下があるとされています。

膣癌の解説はコチラ

卵管がん

下腹部痛や帯下、不正性器出血があるとされています。

卵管がんの解説はコチラ

子宮頸ガン

初期は性交後の不正性器出血が起こり、進行するとおりものが増える、頻尿や排尿障害、排便障害、下腹部痛、腰痛、下肢痛があるとされます。

子宮頸癌の解説はコチラ

子宮体がん

不正性器出血があり、帯下が増え、進行すると悪臭をともなう帯下腹痛、悪寒、発熱があるとされています。

子宮体癌の解説はコチラ

絨毛がん

不正性器出血と転移した場所により、せき、血痰、胸痛、頭痛、嘔吐などがあるとされます。

絨毛ガンの解説はコチラ

横紋筋腫

膣や子宮に発生すると、不正性器出血やしこりがあるとされます。

膣癌の解説はコチラ

外陰がかゆい

外陰がん

外陰のかゆみや痛み、しこりがあるとされます。

外陰がんの解説はコチラ

外陰ページェット病

外陰や肛門周辺に湿疹に似た病変が現れるとされています。

所々が白くかゆみがしつこいとされます。

皮膚の異常

皮膚がん

火傷や外傷の瘢痕が潰瘍になって治りにくい、皮膚がイボ状になる、日光にあたってできた褐色の斑点が硬くなり赤みを帯びてきた、ほくろのようなものが出来て中央が崩れ出血したり大きくなり色も濃くなる、表面が凹凸になってくるなどの症状が出るとされています。

皮膚がんに関する詳しい解説はコチラ

骨関節の異常

骨腫瘍

運動をすると骨や関節が痛くなる。

次第に安静にしていても痛むようになり、腫れるようになり、関節が動かせなくなるような症状が出るとされています。

大腿骨や上腕部など骨腫瘍の起こる部位によって部位は異なります。

骨腫瘍の解説はコチラ

小児白血病

骨痛、関節痛、発熱、皮下出血、鼻血、血便の症状が起こるとされます。