心臓を見る女医

心筋に新鮮な血液を供給する冠動脈は運動時と安静時の血流量が異なります。

運動などにより多量の血液が必要な時には血管壁の平滑筋がゆるみ血管が拡張して多量の血液が流れやすくなります。

また、血管は、加齢とともに老化します。

冠動脈の硬化が進み心筋への血流が低下する

心筋に新鮮な血液を供給する冠動脈は運動時と安静時の血流量が異なります。

運動などにより多量の血液が必要な時には血管壁の平滑筋がゆるみ血管が拡張して多量の血液が流れやすくなります。

血管は、加齢とともに老化し、なめらかだった血管壁の内皮は、加齢とともに表面に凹凸ができコレステロールがたまりやすくなりこれが、血栓の原因となります。

また、動脈壁も硬く厚くなっていくため、血液の通り道は更に狭くなり、老化現象を動脈硬化といい心臓疾患の大きな原因となります。

このように血液の通り道が狭くなり、約75%以上の狭窄になると心筋の細胞に対して十分な酸素と栄養を供給できなくなり、冠動脈が狭くなると、心筋への血流が制限されます。

安静時では、心筋も多くの血液を必要としないため血液の需要と供給のバランスが保たれていることが多いのですが運動時では心筋が大量の酸素を必要とするため血流が滞ると心筋が酸素不足に陥り、このような状況を虚血と言います。

走ったり、階段を登ったりした時に起こる労作性狭心症は、虚血心臓病のの一種で酸素不足で胸が苦しくなります。

更に、動脈が詰まってしまうと、血流が途絶えて心筋に酸素が運ばれず詰まった先の心筋が死んでしまいます。

このような状況を心筋梗塞といい、強烈な胸の痛みが続きます。

心筋梗塞の発作は、運動が原因になるとは限りません。

血管内の血栓により血流が細くなると常に起こる可能性があります。

心筋梗塞を起こす前の冠動脈の状態を見ると6割以上が狭窄度が低い状態であるとされます。

つまり、冠動脈造影などの検査で狭いところが見つかってもすぐには治療の対象とならない軽い病変が突然完全閉塞を起こして心筋梗塞を発症することが多いとされています。

虚血性心筋梗塞の発作が起こると、心筋の動きが悪くなり心臓の拍動する機能が低下します。

急性心不全といい、この発作が強いとそのまま心臓が停止することもあります。

心筋虚血が起こった場所によっては刺激伝導系が損傷し脈が乱れることもあるとされます。

程度によっては、死を招くような不整脈を起こすこともあり、虚血性心臓病は、心臓病の中でも最も多い病気とされます。

冠動脈の痙攣が血流を滞らせ酸欠にする

冠動脈の血流は、平滑筋の異常な痙攣によって流れにくくなることもあります。

原因は、自律神経の異常、又は血管の一番内側にある内皮と呼ばれる層の細胞が障害を受けて起こると考えられています。

この内皮細胞は血管を拡張させたり収縮させる物質を放出して血管の緊張状態や太さをコントロールしています。

この痙攣はスパスムと呼ばれ運動とは無関係に狭心症の発作を起こします。

夜中や明け方に寝ている時に起こる発作を異型狭心症と呼びます。

血圧が高いと心臓への負担となる

高血圧があると左心室が大動脈に血液を送り出す時にそれ以上の高い圧力を作る必要があります。

つまり、血圧が高いほど心筋の負担は大きくなります。

負担に耐えるために心筋は厚く肥大するようになります。

心肥大を起こすと、心室の壁は拡張性が低くなり、心房からの血流を受け取りにくくなる拡張障害という状態になります。

これは高齢者の心不全の原因の3分の1を占める重要な病態です。

肥大を起こした心筋は、更に酸素を必要とするようになる、一方で、酸素を供給する毛細血管は増えないので心筋は酸欠状態になります。

拡張障害や虚血が起こると、次第に心筋の収縮力は弱まり心臓の血液を送り出す能力が低下します。

高血圧は動脈硬化の強力な危険因子の一つで、冠動脈硬化のため、心筋への血流量が不足するケースも増えるとされます。

また、高血圧と動脈硬化は影響を与え合い病状を悪化させます。

不整脈は種類によって心停止の原因となる

心臓は血液を循環させるために、規則的に収縮と拡張を繰り返していますが安静にしていても動悸がしたり脈が乱れる状態を不整脈と言います。

不整脈は心臓の拍動運動に指令を与える刺激伝導系の障害により起こります。

トラブルの原因として考えられているのは下記のとおりです。

・先天的なもの

・生活習慣の乱れ

・全身の病気

・心臓の病気

また、不整脈の種類も様々あります。

大別すると、リズムが不規則になるものとリズムは規則的だが脈拍が増える頻脈型と脈拍が少なくなる徐脈型があります。

不整脈は全てが生命に関わる重篤なものではなく特に注意の必要のないものから心臓の拍動を低下させたり、停止させてしまう重篤なものまであります。

以下は、重篤なタイプの不整脈になります。

心房細動

脈拍が速くなったり、遅くなったりとするタイプは心房細動の特徴です。

心房での電気興奮が洞結節ではなく心房筋の様々な場所で起こるため心房が細かく震えるような状態になります。

結果として、心房が補助機能を果たせないため、心臓全体の力が低下します。

体を動かすと心拍数が増加しやすく、動悸や息切れが起こりやすくなるとされます。

安静にしていても心拍数が速くなることがあり高齢者では長時間続くと心不全になる可能性もあります。

心拍出量が低下して、新防壁が規則正しく収縮しないため血液が鬱滞して血栓を作りやすくなると考えられています。

この血栓が全身に流れて脳の血管に詰まると、心原性脳塞栓を起こし生命をおびやかす可能性もあります。

心室頻拍・心室細動

心室頻拍は、突然心室が興奮を繰り返し、毎分150~200回の頻拍が続くと心拍出量が極端に減って失神することがあります。

心室細動は、心室の様々な場所で興奮が発生して、心室全体が細かく震えて拍動機能が失われてしまいます。

電気信号は送られているが、拍動する機能が失われてしまう状態です。

心室頻拍や心室細動は心筋梗塞や心筋症、心臓弁膜症などで心筋の力が低下していると起こりやすく原因がわからないこともあるとされます。