血流

臓は全身に血液を送り出すポンプの役目をしています。

心臓は右心房、左心房、右心室、左心室の4つの部屋にわかれており、左右の心房と心室の間には心房中隔、心室中隔という壁があり、心房と心室の間は弁で仕切られています。

心臓の外側の壁と中隔側の壁はともに心筋という筋肉でできていて、この心筋の収縮によって心臓のポンプ作用が起こり、全身に血液を送り出すのです。

全身に血液を送り出す

心臓病は心臓の機能に問題があった時に起こります。

人間の体は、小さな細胞の集合体で、細胞が一つ一つ活動るることによって生命が保たれています。

そして、その細胞の生命活動には酸素と栄養分が必要で血液を通してそれらを吸収しています。

その酸素と栄養を運ぶ血液を全身に送り出して循環させているのが心臓の役割なのです。

心臓は一定のリズムで拡張して血液を受け入れてから収縮して血液を全身に送り出します。

このような心臓のポンプ作用は鼓動や脈拍に触れることで確認することができます。

心室と心筋

心臓の重さは成人で約200~300グラム程度で大きさは握りこぶし程度だとされ、位置は胸の中心よりやや左にあります。

心臓の中は、左心房、左心室、右心房、右心室と4つの部屋に分かれます。

左右の心室と心房の間には、心室中隔、心房中隔という壁があり、左右それぞれの心室と心房の間は弁で仕切られて血液が逆流しないようになっています。

心臓の壁は、ほとんどが心筋という筋肉組織で出来ています。

この心筋に働きによって、心臓がポンプのように動き全身の末端まで血液を送り出して循環させます。

左右の心室はそれぞれの心房から血液を受け取り動脈へ送り出す働きを担っています。

一方の、左右の心房は静脈から血液を受け入れて心室の働きを助けます。

心室と動脈、心室と心房の間にある弁は、心臓の鼓動に合わせて開閉して、血液の逆流を防ぎます。

心臓は毎分60回前後、収縮と拡張を繰り返し1日の鼓動の回数は10万回以上に達します。

二つの系統の血液循環

血液の流れは、心臓から送り出されれ、全身をまわり、また、心臓へ戻ってきます。

この血液の循環には左心室から全身をめぐり右心房へ還流する体循環と、右心室から肺を経て左心房に還流する肺循環の二つの循環があります。

左心室から送り出す体循環

心臓が血液を送り出す働きの内、最も大きい役割を担うのが左心室です。

肺で酸素を取り入れた血液は、左心房から左心室に入り左心室の強力な収縮によって大動脈に送り出されます。

大動脈から枝分かれした動脈は、更に小動脈、毛細血管へと筋肉や皮膚などの末梢の組織にも酸素や栄養を運びます。

この酸素を多く含んだ血液が流れる管を大動脈と呼びます。

細胞の生命活動の結果、不要となった老廃物や炭酸ガスは静脈血となって小静脈から大静脈へ運ばれて右心房へと還流していくのです。

肺で酸素を受け取る肺循環

右心房から右心室に入った静脈血は、右心室の収縮により肺動脈に送り出され、肺小静脈を通じて肺胞に接した肺毛細血管に運ばれます。

そこで、肺毛細血管から炭酸ガスが肺胞に排泄され、逆に酸素が肺胞から取り込まれ、酸素を含む新鮮な動脈血が肺静脈を通り左心房へ還流するのです。

心筋細胞へ酸素と栄養を供給する冠動脈

心臓が鼓動して血液を全身に送り続けるには、これを動かす心筋の細胞に酸素と栄養を送り続けなければなりません。

その役目を担うのが、心筋に冠のように張り巡らされた動脈冠状動脈なのです。

この冠動脈は大動脈の根本から左冠動脈と右冠動脈に枝分かれしながら心臓の表面を覆っています。

左冠動脈は、前下行枝と回旋枝に分かれます。

この二本の血管と、右冠動脈を合わせた3本が主要な冠動脈で更に細かく枝分かれした血管が心筋全体を網の目のように覆っています。

左冠動脈前下行枝は、主に左心室の前壁と心室中隔に、左冠動脈回旋枝は左心室の側面から後壁に酸素と栄養を供給しています。

右冠動脈は主に右心房と右心室、左心室の下側の壁に酸素と栄養を供給しています。

冠動脈は毛細血管でガス交換した後、冠静脈となって右心房に入り、上下の大静脈を静脈血と合流させます。

鼓動を管理する特殊細胞

心筋が規則正しく鼓動を続けられるのは、動きを制御する特殊な心筋細胞と心筋全体に電気信号を送る刺激伝導系と呼ばれる体の仕組みによります。

心筋は血液を送り出す働きをする作業心筋とは別に特殊心筋という筋組織が存在します。

この筋組織は、作業心筋を収縮させるための電気信号を発生させ、更に信号を伝える中継所や電線の役割を担っています。

電気信号は、右心房の上部にある洞結節という特殊心筋から発信されます。

この洞結節が心臓の拍動のペースを作っているのです。

ここから出た信号は、心房の中を走る電線、心房内伝導路を伝わって心房筋を収縮させます。

心房内に広がった信号は、房室結節という特殊心筋で中継され伝達の速度を遅めて、ヒス束と呼ばれる器官を通じて左脚と右脚に分かれます。

更に、プルキンエ繊維という網目状の特殊心筋を経て心室全体に伝わり心室の筋肉を収縮させます。

この一連の回路を刺激伝導系と呼びこれにより心臓の絶え間ない拍動が維持されているのです。