健康な肺と肺がんイラスト

小細胞肺癌の原因と症状

小細胞肺がんとは、肺がんの中でも最も進行が遅く悪性度が高いガンとされています。

反面で、このガンには抗ガン剤や放射線療法が効くとされています。

他のがんの場合は進行が遅いが抗ガン剤や放射線療法が有効ではないことから非小細胞がんと分類されています。

小細胞肺がんは、喫煙者に多く見られるとされ、50歳以上の男性に多くみられるとされます。

小細胞ガンは、肺の入り口に近い気管支に発生するものが多く気管支の壁の中を這うように進展します。

早期にリンパ節や他の臓器への転移がみられ殆どの場合進行がんの状態で発見される事が多いとされます。

症状

小細胞肺がんの最初の症状は、他のガンと同じように、せき、たん、血液、発熱、胸痛、背部痛、呼吸困難だとされています。

進行した場合は、体重減少、頸部リンパ節の腫大、上大静脈の閉塞による上半身の浮腫などがみられます。

小細胞肺ガンは、時に副腎皮質刺激ホルモンや抗利尿ホルモンなどのホルモンを作り出すことがあるとされます。

前者では、満月様顔貌になり後者では、血中のナトリウム値が低下するなどそれらの症状が現れることがあります。

検査

検査は、スクリーニング検査、病理診断、病期診断の段階で検査されるとされます。

小細胞癌は自覚症状があるため受診による発見が多いとされ、胸部のX線写真で異常な陰影があるかどうかの検査がなされます。

このガンは、肺の入り口の気管支に発生しX線写真で像が出るとされ、多くの場合、縦隔のリンパ節への転移がみられるとされます。

そして、胸部X線検査で肺がんが疑われる場合は痰の細胞検査が行われ、小細胞肺癌では約50%にガン細胞がみとめられるとされます。

また、このガンの60~70%では、血中の神経特異エノラーゼと呼ばれる酵素の値が上昇し診断に利用されています。

血中のガン胎児抗原CEAの値の上昇がみられるとされます。

腫瘍マーカーに関する詳細はコチラ

小細胞肺がんではほとんどの場合、気管支ファイバースコープによる内視鏡検査によって腫瘍のあることが確認され、内視鏡で直接見ながら病理標本を採取します。

採取した標本の細胞組織を検査して悪性の細胞かどうかを診断し、続いて病期診断が行われます。

CTによる胸部診断や腹部の超音波診断、骨髄の生検などがされるとされます。

これらの検査の結果により限局型と進展型に分けられ、約半数のガンが発見された時は、進展型で転移しているケースが多いとされます。

治療

小細胞肺癌には多くの抗ガン剤や放射線治療が有効とされています。

薬物療法による単独治療、または放射線治療との併用により腫瘍は著しく縮小し延命効果が認められるとされます。

化学療法

小細胞肺ガンは化学療法の最も効く腫瘍であるとされます。

数種類ある抗ガン剤を組み合わせて使う併用化学療法が行われています。

放射線治療

限局型の小細胞肺がんでは、化学療法と放射線療法を組み合わせた方法が採用されます。

外科療法

この種のがんに対する外科療法では

リンパ節移転や遠隔移転のみられないⅠ期の患者に行われるとされ、術後に抗癌剤による化学療法が併用されるとされます。

非小細胞肺がんの原因と症状

非小細胞肺がんは、進行は比較的ゆるやかだが他のガンに比べて受信した時は既に進行していることが多く手術が可能と判断される患者は全体の20~40%程度とされています。

手術ができても再発の可能性が高く、手術だけで治るのは10%前後に過ぎないとされています。

従って、非小細胞肺がんでは、手術療法、化学療法、放射線療法、免疫療法などあらゆる手段で治療がなされるのが特徴で早期発見、早期治療以外には完全に治す方法が無いともされます。

発生部位別のガンの種類

喉に続く気管は、左右の主気管支に分かれた後肺葉気管支、区域気管支、亜区域気管支というように、20回ほど枝分かれして、最終的に血液中に酵素を取り込んで炭酸ガスを排出するガス交換の場である肺胞となります。

この中で、主気管支から亜区域気管支までに発生したガンを肺門型肺がんそれより先に発生したガンを肺野型ガンとされます。

肺門型肺がん

男性に多く、ほとんどが扁平上皮がんでありタバコとの密接な関連性が指摘されています。

早期の扁平上皮ガンの場合は、X線検査を行なってもガンの病巣の陰影が心臓や大血管と重なるためなかなか発見しにくいのが現状です。

このタイプの肺がんでは、早期から、せき、たん、血痰などの自覚症状が現れやすく喀痰の検査によるガン細胞の検出率は高まっています。

従って、40歳以上の喫煙者はせき、たん血痰などの自覚症状に注意して定期的に検査されると良いとされます。

肺野型肺がん

肺野型肺がんの大部分は腺ガンで、かなり大きくなっても無症状の事が多く胸部間接X線撮影で発見されることがほとんどです。

日本人の肺がんの中には、このタイプが増加しているとされます。

腺ガンは女性にも多く見られるので、肺がんの発生率が高くなる40歳以上になった時は男女を問わず自覚症状が無くても検診を受け早期発見に努めることが大切であるとされています。

症状

せき、たん、血痰は、主として肺門型のガンです。

せき、たんは肺がん患者にとって、最も多い症状ですが気管支炎、肺炎などの肺がん以外の病気でも多く現れるとされます。

血痰が出た場合は、肺がんの可能性が高いので病院で診断されると良いでしょう。

胸痛、背部痛

肺野型肺がんは、肺門型に比べて自覚症状は現れにくいがガンが進行してガン性胸膜炎を起こして胸水が溜まったり、更に進行して胸壁を破壊したり、骨に転移した時に胸痛や背中の痛みがあらわれます。

呼吸困難

肺がんの場合は、様々な理由で呼吸困難があらわれます。

肺野型肺がんは胸膜に波及してガン性胸膜炎を併発して胸水が溜まった時、あるいは肺門型肺がんが気管支を閉塞して肺炎無気肺などを起こした時には呼吸困難をうったえます。

その他の症状

肺がんに閉塞性肺炎を合併した時には発熱がみられます。

また、肺がんは、脳、骨、肝臓、腎臓などへ転移しやすく転移した時には様々な症状があらわれるとされます。

脳に転移すると、頭痛、吐き気、嘔吐、肝臓への転移だと腹部の張りや黄疸など転移した臓器特有の症状が出るとされています。

検査

胸部X線検査、CT検査、MRI検査、気管支ファイバースコープによる検査細胞組織を取り出しての生検などが行われます。

肺がんの確定診断が出たら、病気の進行度が検査されます。

ガン検査の種類についての解説

非小細胞肺がんの進行度

Ⅰ期:発生部位にとどまり、他の臓器に転移していない状態を指します。

Ⅱ期:肺門リンパ節に転移が見られるもの。

ⅢA期:胸壁や肋骨、横隔膜に浸潤するか気管支に浸潤がみられるもの。

ⅢB期:心臓、血管、食道、気管、脊髄に浸潤がみられるかがん性胸水が溜まっているもの。

肺門、縦横リンパ節などに転移がみられるもの。

Ⅳ期:遠隔臓器に転移が見られるもの。

治療

非小細胞肺がんの治療は難治ガンとして知られています。

肺がんは高齢者に多く、他の臓器に比べて転移しやすいことが特徴です。

診断の際には、既に遠隔臓器に転移していることが多いとされます。

肺がん治療に用いられる治療法としては外科療法、放射線療法、化学療法、免疫療法などがあり病態によって治療法を組み合わせる集学的治療法がとられるとされます。