鼻の写真

鼻のガンで最も多いのは上顎洞ガンと言われています。

初期には症状はありませんが、ガンの進行により特有の症状が出るとされています。

鼻副鼻腔とは、鼻の中央にあり空気の通り道の役割を果たしているのが鼻腔です。

副鼻腔は、その奥にある鼻腔で、上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つに分かれています。

それぞれの内壁には鼻腔同様に粘膜で覆われておりガンはこれらの部位の各所に発生します。

上顎洞がん

副鼻腔のガンの中で最も多いのは、眼窩の下にある空洞である上顎洞がんと言われています。

このガンは年齢的には50歳~60歳の年齢に多く男性は女性の2倍の発生率であると言われています。

症状

上顎洞は周囲を骨に囲まれているためガンが発生しても表からは見えない上に初期症状がほとんど無いとされます。

腫瘍が大きくなり骨が破壊されるとその進行方向によって特有の症状が出るとされています。

腫瘍が内側である鼻腔の方に進むと鼻づまりを起こしたり血や膿が混じった鼻汁が出たり、涙管がつまり涙が出やすくなったりします。

腫瘍が前方や外側に進むと頬が腫れてくるとされ、下に進むと歯が痛くなったり歯肉が腫れたりします。

また、上に進むと眼球が押されて目が出てきたり目の下方の白目が目立つようになったりします。

後ろに進むと神経が圧迫されて、歯や頭が痛くなったり口を大きく開けることができなくなったりするとされます。

受診する科

耳鼻咽喉科、頭頸科が良いとされます。

原因

慢性副鼻腔炎、蓄膿症が原因の一つとされています。

また、乳頭腫を起こすパピローマウイルスが原因の場合もあるとされます。

検査

鼻や口の中を見たり、触診が行われます。

また、X腺、CT、MRI等による診断も行われ最終的には組織を取り出して顕微鏡で調べる生検で特定がされます。

治療

放射線療法、化学療法、腫瘍減量手術などを併用しなるべく上顎を温存する方法が採られるのが一般的であるとされます。

鼻副鼻腔のガン検査