画像診断

尿検査

尿ビリルビン

ビリルビンとは、赤血球中のヘモグロビンが肝臓や脾臓などで壊されたときにできる胆汁色素のことです。

ビリルビンは、肝臓から胆汁に排泄されて、尿に出てくることはありません。

しかし、肝障害や胆道の閉塞などで胆汁の流れが妨げられると、ビリルビンが血液中に増え、それが腎臓から尿に排泄されるようになります。

ビリルビンは肝臓で抱合を受けて水に溶ける状態となり胆汁の成分として十二指腸に排泄されます。

この胆汁の排泄がスムーズな時は尿ビリルビンは陰性ですが肝細胞の障害や胆道の閉塞により胆汁の排泄が悪くなると抱合型ビリルビンが血液中に放出され尿から検出されるようになります。

ことに急性肝炎では、しばしば黄疸が現れる前に陽性になりますので早期診断が有効であるとされています。

尿ウロビリノーゲン

ウロビリノーゲンは、胆汁に混ざって十二指腸に排泄された抱合型ビリルビンが大腸で<腸内細菌によって分解されたものです。

そのほとんどは、便に混ざって排泄されますが、一部は腸管から吸収され肝臓で再びビリルビンに合成されます。

また、その一部は腎臓から尿中に排泄されるため尿中に一定量のウロビリノーゲンが検出される±が正常値とされています。

肝細胞の傷害でビリルビンへの再合成が低下すると尿中に排出されるウロビリノーゲンが増えて+になるとされます。

画像診断

超音波検査(エコー)

お腹に超音波をあてて臓器にぶつかって反射した音波をコンピューターで画像処理をします。

苦痛がなく横になるだけで受けられます。

肝臓の大きさ、表面の凹凸、結節やガンの有無などを画像で診断できる方法とされます。

また、脂肪肝、肝硬変、肝嚢胞、肝がんの診断にも有効とされます。

また、硬い障害物は白い影として鮮明に映し出されるため胆石などがあれば瞬時に診断できます。

肝臓が腫れたり、線維化が進むと肝臓の縁の形が丸みをおびるとされその変化を捉えることで慢性肝炎の経過診察にも使われます。

肝臓の異常を調べる画像診断には、その他にCT、MRI、などがあります。

CT(断層撮影)

患者さんの体に360度方向からX線を当て、肝臓を数ミリから数センチ感覚で輪切りにした画像を得る検査です。

X線管球をラセン状に回転させながら照射するヘリカルCTでは肝臓の立体画像を見ることも出来、肝がんの早期発見に有効とされています。

MRI

患者さんの体に磁場をかけて、体内の水素原子の振動をコンピューターで処理し画像化して診断する方法です。

X線被曝がなく、肝臓を縦横に切った断層画像が得られます。

肝シンチグラフィー

肝臓に取り込まれやすい性質の放射線同位元素を静脈注射をしてRIの出す放射線をフィルムに焼き付ける検査です。

肝ガンなどで肝細胞が欠落した部分には、RIが取り込まれないため陰影の欠損として画像化することができます。

血管造影検査

撮影したい血管にカテーテルの先端を導き造影剤を注入してその血管を浮かび上がらせるX線検査です。

肝硬変や肝ガンの診断と治療に用いられます。

肝生検

針を皮膚から肝臓へと突き刺し、組織を1~2cmほど採取して顕微鏡で観察します。

肝生検では、脂肪肝なら脂肪滴と呼ばれる空胞が肝細胞内にでき、急性肝炎ならば肝細胞が水を含んで腫れて壊死を起こすなど肝細胞そのものの病変から肝臓の異常を診断できます。

同じ急性肝炎でも、A型では肝小葉の周辺部に壊死が及びC型では壊死が少ないなど原因となるウィルスの識別診断にも使用されます。

慢性肝炎の経過は、活動成果非活動性により大きく左右されその診断には、肝小葉の組織を調べ強い炎症と壊死の認められるものを活動性としています。

活動性の慢性肝炎が長く続くと、壊死を起こして脱落した肝細胞の後を埋めるように硬い線維が増え始めるとされます。

このような病変を線維化と呼び肝生検で観察されるようになり、これは結節と呼ばれています。

慢性肝炎と肝硬変の区別は、その結節が肝臓全体に広がっているかどうかで決まります。

腹腔鏡検査

お腹の2~3箇所に直径1cm以内の穴を開けて、穴から腹腔鏡を挿入して肝臓や胆嚢、脾臓などの表面を観察する検査です。

腹腔鏡検査は肝臓の病変を肉眼で観察する方法です。

健康な肝臓は表面がなめらかで鮮やかな深紅色をしているとされ慢性肝炎では白っぽく、表面がデコボコしてブツブツが見られるとされます。

肝硬変では、このブツブツが結節に変わるとされます。