CT検査結果

口から入った食物を胃に送る器官である食道の炎症についてと、食道に出来た癌について解説しています。

食道炎

食道炎には急性や慢性のものがありますが症例として多くみられるのは胃液や十二指腸液の逆流によって起こる逆流性のものです。

急性のものは、感染症(咽頭炎など)、誤飲などの刺激、熱い、冷たいなどの刺激が原因となります。

慢性のものは胃液や膵液が逆流して、食道の粘膜を傷つけて発生することが多いとされています。

食道炎の主な原因と症状

胃の手術で噴門の働きが弱っているときにしばしば起こり食道粘膜がただれて胸やけを感じます。

飲みすぎ、食べすぎなどで起こる胸やけも食道炎の一種とされています。

食道炎の予防法

胃液や十二指腸を逆流させないように常に食道を胃よりも高くするように心がけ眠るときにも上半身を高くすることで症状はある程度防げるとされています。

食道がん

食道がんは、胃がんや大腸がんに比べて発症率の少ない病気ですが進行が速く、手術が難しいケースが多いため、早期発見、早期治療が決め手になるとされています。

食道がんの主な原因

強いアルコール飲料を大量に飲み続けたり熱い食べ物が鉱物な人、喫煙者に発生する頻度が高い事が統計資料で明らかになっています。

アルコール類や熱い食べ物は、食道粘膜を刺激するため炎症を起こしやすく、これが繰り返されると粘膜が変形しがん化すると考えられています。

更に詳しい食道ガンについての解説はコチラ

食道がんの主な症状

食事の際に、食べ物が胸につかえる感じがあります。

初期は、固形物が時々気になる程度ですが症状が進むと流動食も通りにくくなっています。

その他、熱いものや冷たいものが食道にしみる感じや胸やけ胸骨の裏側の痛み、胃の不快感などがあげられます。

全く無症状のこともあるので定期的な検査が重要になっております。

食道がんの腫瘍マーカーは、扁平上皮癌ではSCC(扁平上皮癌関連抗原)とCEA(癌胎児性抗原)です。腺癌ではCEA(癌胎児性抗原)です。

自宅で簡単にガンCEAマーカー血液検査が出来るキットはコチラ

食道がんの治療

確実なのは、外科手術により、がん病巣を切除することです。

食道は気管や血管と交わり、胸腔の最も内側にあるため手術が難しいとされています。

転移の見られない早期がんの場合は、レーザー光線や高周波すねあをあてたり粘膜切除で治癒するとされています。

食道がんの出来やすい個所

  • 頸部食道・・・約5%

  • 胸部食道・・・約90%

  • 腹部食道・・・約5%