触診する医師

腸管が狭くなり物を通しにくくなった状態で、大腸癌(がん)・腸結核・腸癒着などによって起こるとされ、進行して腸閉塞になるものも少なくないので注意が必要です。

機械的腸閉塞

土管にゴミがつまったように物理的な原因で腸の通り道が塞がれた時に起こります。

腸管の内側が狭くなるなど、物理的な原因によって、腸の内容物が通過できなくなっているものを、機械的腸閉塞といいます。

高齢者で特に注意が必要な、大腸がんや開腹手術後の癒着による腸閉塞はこのタイプに入ります。

機械的腸閉塞は、さらに(単純性腸閉塞)と(絞扼性腸閉塞)に分けられます。

単純性腸閉塞

腸管の内側が物理的な原因によって狭くなり、腸の内容物が通過できなくなっている状態が、単純性腸閉塞です。

がんによって腸管の内腔が狭くなったり、あるいは癒着のために腸が折れ曲がったりすることで起こります。

絞扼性腸閉塞

腸管に血流障害が起こっているタイプを絞扼性腸閉塞といいます。

腸は、「腸間膜」にある血管から、酸素と栄養を手に入れています。

腸と腸の癒着に巻き込まれて、腸間膜が締め付けられたり、ねじれたりすることで血流障害が起こります。血流障害が起きると、腸に血液がいかなくなってしまい、

酸素と栄養が届けられません。そのため、腸が壊死してしまい、腸に孔が開く「穿孔」を起こす危険性があります。

麻痺性腸狭窄

腸が何かの原因で麻痺を起し全く動かなくなった時に起こります。

多くは、胃や十二指腸の潰瘍、虫垂炎などによる穿孔から腹膜炎が起こり、それが原因となって起こります。

腸間膜の血流が悪くなり、腸の動きが悪くなって、麻痺している状態が引き金になります。

麻痺性腸閉塞は、高齢者だけでなく、まだ免疫機能が育っていない子どもも起こりやすいとされます。

手術のあとや重い肺炎、急性腹膜炎を患った時、腸チフスや脳炎などの伝染病にかかった時などにしばしばみられます。

手術の後にガスが出るのを注意しているのは腸の麻痺を懸念してのことです。

腸閉塞の治療

単純性や麻痺性では、安静、絶食をして、チューブによる腸内容の吸引を行います。

血行障害を伴う絞扼性では、腸管が壊死するために外科的に腸管切除を行います。