笑顔の医師

腸の一部がねじれたりつまったりして、食べ物などの腸の内容物が先に進まなくなる病気です。

口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。

腸閉塞とは、腸管がふさがり、腸の内容物(食物、消化液、ガス)が通過しなくなる状態をいいます。

主な症状は腹痛、嘔吐と、排便・排ガスの停止です。突然、激しい腹痛と吐き気・嘔吐が起こります。

おなかが張り、膨満(ぼうまん)、膨隆(ぼうりゅう)、やせた人では腸がむくむくと動くのが、おなかの外から見えることもあり、多くの場合、腸が詰まった瞬間に突然発症します。

腹痛はさしこむような痛み)が特徴です。また腹部が膨満して腸がごろごろ鳴ります。

急性のものは非常に激しい痛みを伴い呼吸が浅くなったり手足が冷たくなったりするショック症状が現れ緊急の治療が必要となります。

一方、徐々に腸が詰まる慢性腸閉塞は主に腸のガンによるものです。

腸がひっぱり上げられたりねじれたりしてしぼられるようになった状態を絞扼性(こうやくせい)腸閉塞といい腸閉塞のうちでもっとも多くみられるものです。

腹部の手術でできた腸管の癒着が主な原因で腸が動きやすい小児にもしばしばみられます。

原因が腸の外側にある場合と、内側にある場合があり、腸の外側に原因がある場合とは、腸が外側から圧迫されたり、ねじれたりする場合です。

腹部を切る開腹手術を受けたことのある患者さんでは、腸と腹壁、腸同士の癒着が必ず起こりますが、癒着の部分を中心に腸が折れ曲がったり、ねじれたり、癒着部分でほかの腸が圧迫されたりして腸が詰まる場合が最も一般的です。

そのほか、高齢の女性では、大腿ヘルニアと呼ばれる脱腸の一種でも腸閉塞になります。

内ヘルニアと呼ばれるおなかのなかのさまざまなくぼみに腸がはまり込む病気でも、腸が詰まることがあります。

まれに、腸自体が自然にねじれて詰まることもあります。

腸自体が圧迫されたり、ねじれたりするだけでなく、腸に酸素や栄養分を送る血管が入った膜である腸間膜(ちょうかんまく)も圧迫されたり、ねじれたりして血流障害を起こしたものを絞扼性(こうやくせい)腸閉塞と呼びます。

これは早期に手術を行わないと死に至ります。

腸の内側に問題がある場合としては、大腸がんによる閉塞があり、高齢者で便秘傾向の人では硬くなった便自体も腸閉塞の原因になります。

他の腸閉塞と違い腸と一緒に血管や神経もしぼられるので放置すると腸への栄養が遮断され腐り始めてしまい早急な入院治療が必要となります。