ガンのお見舞い 老人

胆汁を産生して消化にかかわる器官である胆嚢にできる炎症や、胆嚢にできる結石について解説しています。

胆石

肝臓で作られた胆汁は胆道を通って十二指腸へと排出されますがこの胆道には胆管と胆嚢があります。

胆石はこれらの中でコレステロールや胆汁成分のビリルビンが固まって石のようになる病気を指します。

胆嚢及び胆嚢管(たんおうかん)にできる結石のことで成分的にはコレステロール系、ビリルビン系、混合タイプがあります。

突然激しい腹痛に襲われる場合は胆石疝痛発作と呼ばれます。

病気の原因

はっきりした原因はわかりませんが一般的には脂肪の多い食事をとる人や肥満型の人、精神的な緊張によるストレスを抱えている人に多く発病するとされています。

病気の症状

右肋骨下を中心に、胆石疝痛発作(たんせきせんつうほっさ)という激しい痛みが発作的に起こり痛みは右背、右肩などに広がります。

吐き気や軽い黄疸を伴うこともあります。

ただし胆石は「サイレントストーン」とも呼ばれ無症状のケースも少なくありません。

治療法

治療には胆石溶解剤がよく用いられています。

また、最近では腹腔鏡で観察しながら電気メスで胆嚢を切り取る開腹しない手術も行われています。

  • 胆石溶解治療・・・薬を投与して胆石を溶かす。

  • 体外衝撃波結石破砕法・・・体外から衝撃波をあてて、胆石を砕く。

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術・・・お腹に穴をあけて、腹腔鏡を挿入し胆嚢を摘出する。

  • 従来の開腹手術・・・お腹を大きく開けて胆嚢を摘出する。

胆嚢炎

病気の原因

細菌が胆道内に侵入して感染、炎症を起こすためで原因菌としては大腸菌ブドウ球菌連鎖球菌などが一般的です。

また、脂肪を多く含む食物やアルコール、コーヒーなどの刺激物、暴飲暴食、不規則な食事習慣などが炎症の引き金になることが多いようです。

病気の症状

急性の場合は突如発熱して、右上腹部が痛み、痛みは右肩や右背に広がり胆石より長く続きます。

手で触れてわかるぐらいに胆嚢が腫れることがあり、急性の胆嚢炎は慢性化するケースが多いようです。

治療法

急性、慢性ともに抗生物質などの薬による治療が主流ですが症状によっては手術で胆嚢を摘出することが必要な場合もあります。

胆嚢がん

胆道ガンの原因と症状について

胆嚢癌は症状がはっきりせず、かなり進行してから右上腹部にしこりが生じたり、黄疸が現れたりします。

現在では、超音波検査が発達して早期の胆嚢癌が発見されるようになりました。

また、胆石は胆嚢がんの原因ではありませんが胆石があると物理的な刺激や胆汁成分の変化などの影響を受けやすくガンになる確率が高くなるとされています。