「検査でわかる病気の種類」の記事一覧

腫瘍マーカーCA19-9

検査でわかる病気の種類

腫瘍マーカーCA19-9とは CA19-9は、人間の胃、大腸膵管、胆管、胆嚢、唾液腺、気管支腺、前立腺、子宮内膜などの器官の細胞組織が癌化すると体内で大量に産生されます。 そのような特性を生かして、卵巣がん・消火器がん・・・・

腫瘍マーカーAFP

検査でわかる病気の種類

腫瘍マーカーAFP(α-フェトプロテイン)とは AFPは健康な成人では産生されず、胎児期の胎児で産生され血清中にみられるたん白の一種で、α-フェトプロテインとも呼ばれます。 このAFPは胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される胎・・・

腫瘍マーカーCEA

検査でわかる病気の種類

腫瘍マーカーCEA(癌胎児性抗原)とは CEAは、腫瘍マーカーの中でも代表的なもので、胎児が成長する時期に産生されるたんぱく質の一種で、医学的には癌胎児性抗原と呼ばれています。 また、このタンパク質は人の大腸癌の中に認め・・・

腫瘍マーカーCA125

検査でわかる病気の種類

腫瘍マーカーCA125とは CA125は糖蛋白くの一種で、正常な子宮内膜、卵巣のう胞、卵管など産生され、卵巣がんがあると大量に産生されるようなり血液中の数値も上昇するので、CA125は卵巣がん、子宮がんに特異な反応を示す・・・

腫瘍マーカーPSA

検査でわかる病気の種類

腫瘍マーカーPSA(前立腺特異抗原)とは PSAは、前立腺から分泌され精液中に含まれる生体物質で、前立腺特異抗原(ぜんりつせんとくいこうげん)とも呼ばれます。 タンパク質分解酵素の一種で、精液の粘度を調整して精子の運動を・・・

ページの先頭へ