聴診器を持つ医者

腫瘍マーカーCA19-9とは

CA19-9は、人間の胃、大腸膵管、胆管、胆嚢、唾液腺、気管支腺、前立腺、子宮内膜などの器官の細胞組織が癌化すると体内で大量に産生されます。

そのような特性を生かして、卵巣がん・消火器がん・膵臓がん等のがんを発見するのに最適な腫瘍マーカーとして使用されています。

その他の癌の発見にも有効で、膵臓がん、胆道がんで80~90%の高い陽性率を示し、胃がん、大腸がん、肝臓がんでは30~60%が基準値を超え、肺がん、乳がん、卵巣がんなどでも高値を示し、他の臓器のがんや胆石、膀胱炎などでも数値が高くなることがあります。

膵臓癌、胆嚢癌、胃癌、結腸直腸癌等のスクリーニング検査や、乳癌の予後診断などで使われる腫瘍マーカーです。

CA19-9測定の有用性

がんの早期発見には向きませんが、膵臓がんなどの自覚症状が少ないガンの発見に特に効果を発揮し、膵臓がんの化学療法・放射線療法の効果判定に使われます。

また、CA19-9の数値が高く、CA-125も高値のときは、婦人科系のがんが疑われ、併用することで卵巣がんの早期発見に有効です。

CA19-9でわかる病変

すい臓がん、胆のうがん・胆管がん、子宮内膜症、卵巣嚢腫

ガン(癌)の種類と症状

癌以外の疾患では、慢性肝炎、肝硬変症、原発性胆汁性肝硬変症、胆石、糖尿病、胆嚢炎、慢性膵炎、子宮筋腫、良性卵巣腫瘍などでも陽性となります。

CA19-9の基準値

37.0U / ml 以下

37U/ml以下が基準値となり100U/ml未満が要注意、それ以上ならがんの確率が高いと判断されます。

CA19-9の数値が異常を示した場合

がんが原因でCA19-9が上昇する時は、時間の経過とともに上昇しますので、3~6ヶ月後に経過観察をして、変化が無い時はがんの可能性は低くなります。

CA19-9が2倍以上の高値のときは、膵臓をはじめとする消化器系の臓器など、腺細胞から組成されている臓器の癌の有無を、腹部超音波検査や腹部CTなどで精密検査します。

膵炎や胆石など両性の疾患が原因でCA19-9の価が高い場合は、症状が治まれば数値も自然に下がります。

膵臓がんの症状として血糖値が高くなることもあるので、そのような時は念の為、CA19-9の測定も含め、がんのチェックをすると良いでしょう。

すい臓がん、胆のうがん、胆管がんに反応する腫瘍マーカーCA19-9を自分で検査できる血液検査キット