考え中の高齢者

高齢者(老人)は体力の低下以外にも食生活の変化により便秘になりやすいものです。

実は、若い時はべんぴなんてなったことないのに、年を取って便秘になる人はかなり多いのです。

人間は加齢により便秘になりやすく、30代と60代では便秘になる人が約2倍いるとされます。

では、なぜ歳を取ると便秘になってしまうのか、その主な原因を紹介します。

老人(高齢者)の便秘の原因

加齢による衰え

歳を取ると体力や肉体が衰えますが、筋力の低下は、特に腹筋周りは腸の働きを弱めます。

腸の機能が衰えますので、便が運ばれず、長く腸内に滞留することで水分が失われ、固くなるので、さらに便秘を悪化させます。

食事量の減少

高齢者は消費カロリーが少ないので消化機能も衰え、食事の量が減ります。

したがって、内容物が減るので便の量も減り、排便をする回数が減るのが問題です。

水分を取らなくなるのも大きな要因で、尿漏れを気にして水分を取らなくなると、便に含まれる水分が失われ、便が固くなります。

固く、少ない便は、高齢者特有の便秘を引き起こす要因となります。

体内機能の低下

まず、高齢になると大腸の機能自体が低下すると同時に、体全体の筋力も衰えてくるので、内臓も下垂してきます。

このため、腸のぜん動運動が弱くなり、食べ物の消化に時間がかかったりします。

「弛緩性便秘」が多いようで、水分が腸に吸収されすぎて便が硬くなり、排便を困難にしてしまう事が多いようです。

また、排便のためにいきむ力が弱くなることも、要因と言えます。

寝たきりの方ですと、弛緩性便秘が起こりやすくなります。

腸が水平になっている状態ですと、どうしても直腸や肛門付近の感覚が鈍くなり、便意を感じにくくなります。

便はそこまで来ているのに、排泄がなされないと、便意を起こす反射機能が鈍くなり、さらに便秘を悪化させてしまうことにもなるのです。

薬の影響

便秘の副作用が出やすい薬としては、抗生物質や抗うつ剤が良く聞かれます。

また、持病を持っている方は、薬の影響で便秘になりやすい場合もあります。

たとえば利尿作用のある薬を服用していれば、体内の水分が大量に排泄されるため、便の中の水分量が減ってしまい便秘を引き起こすこともあるでしょう。

このような体の機能の低下とは別に、がんや炎症によって腸の管が狭くなり、それが原因で便秘となっていることも考えられます。

急に便が細くなった、便に粘液や血液などの付着物があるなどの場合は、独断で便秘薬を服用する前に、医師に相談したほうが安全と言えます。

こんな病気の時は要注意

高血圧

高血圧の人が便秘になった時に注意したいのがいきみです。

便が出にくい時はいきむものですが慢性便秘の人は、血管が切れそうなくらいに何度もいきんでしまいます。

本当に血管が切れてしまっては大変ですので注意しましょう!

トイレでいきむことによって瞬間的に血圧も上がります。

血圧が正常な人なら問題ありませんが高血圧の人の血圧がそれ以上に上がってしまうのはとても危険です。

寒い冬の朝、お年寄りがトイレに入っていきんでいる時に血圧が急激に上がってしまい、脳梗塞や脳出血などで倒れてしまうケースが良く聞かれます。

トイレやお風呂など室内外の温度差を無くす工夫や環境改善を考えるなど便秘解消の工夫も必要です。

うつ病

うつ病になると体の自律神経も低下してしまうので腸管の神経伝達などの機能も弱まり腸のぜん動運動も弱まり便秘になりやすくなります。

何かをするのが面倒になり、トイレへ行くのも面倒になりそれが重なり便秘になってしまうケースもあるようです。

逆に便秘になったことを気に病んでストレスになり自律神経の働きを低下させるという悪循環も懸念されます。

糖尿病

糖尿病は40代以上の10人に1人はかかるといわれる成人病の代表格です。

この糖尿病に羅患して便秘になることがあり、これは糖尿病の合併症である神経障害が影響しているとされています。

その神経障害は腸管の運動にかかわる神経にも影響を及ぼします。

また、糖尿病の他に甲状腺機能低下症などの病気も便秘になりやすいとされています。

高齢者(老人)の便秘解消法

老人の便秘解消には、一般成人と比べ大きく変わることはありませんが、老人特有の特徴があります。

高齢者の便秘は、ただでさえ様々な薬を飲んでいるケースが多く、身体的な負担の高い薬に頼るわけにもいきません。

トイレに行く習慣

加齢により便そのものの量が減り、トイレに行く回数が減るのに加え、高齢者は、トイレに行きにくことが負担で、便意を我慢したりすることもあるようです。

便秘を解消するには、便意がなくてもトイレに行く習慣をつけることが大切です。

決まった時間にトイレに行く癖をつけ、体が覚え反射的に便意をもよおすのが理想的です。

運動

筋力トレーニングなどハードな運動は必要無く散歩や家事など日常的に行なう全身運動を続けるだけで十分です。

無理をしないで大丈夫なので、毎日欠かさず運動をしましょう。

体が自由に動くだけの筋力を保っていれば、便秘の原因にはならないでしょう。

食生活の改善

高齢者の便秘は、食生活の改善で治すこともできます。

水分をしっかりとること

乳酸菌とオリゴ糖を摂ること

食物繊維の含む食品を取り入れること

マグネシウムやビタミンCととること

水分をしっかりと取ること

特に乳酸菌は加齢により腸内細菌が減るので意識してとりましょう。

老人の便秘の解消に役立つ食事法の解説はコチラ