トラブルに悩んでいるビジネスマン

冷え症と便秘の関係

冷え症を抱える人には便秘の方が多数おられます。

便秘が改善されると冷え性の緩和がみられることが多いようです。

医学的な関連性はまだわかっていませんが便秘で悩む人の多くが冷え性で悩んでいる事も多いのが事実です。

便秘によって冷え性になるのか、冷え症によって便秘になるのかは不明です。

ただ、身体が冷えると腸に流れる血流量が低下して腸の動きも低下するのではないかと推定されています。

便秘になると自律神経のバランスが乱れるので冷え性に影響しているのではないかと言われています。

冷えによって体温が奪われると身体の免疫機能が正常に働きにくくなるので、花粉症やアレルギー疾患や関節リウマチのような免疫疾患は冷えによって悪化することがわかっています。

冷え症とは

手足が冷たくなり、体温も下がります。

免疫系が影響を受け身体の抵抗力が低下したり各症状が悪化することが知られています。

・体調不良

・アレルギー症状の悪化

・月経痛

・リウマチの悪化

冷え症への対策

食事で身体を温める

食品の中には身体を温めるもの、冷やすものがあります。

身体を温める食事

・魚、玉ねぎ、ショウガ、にんにく、かぼちゃ、大根、唐辛子

運動で代謝を上げる

代謝を上げる運動を習慣づけて

冷えにくくなり、血行も促進され、身体の熱量も上がります。

食事と運動で冷えにくい身体を手に入れることで胃や腸の動きも活発になることが期待されます。

運動により基礎代謝が上がれば太り難くなるのでダイエットにもなり便秘も解消され健康的な日常を取り戻すことが出来るのです。

肌荒れと便秘の関係

腸が活発になれば肌も若返る

便秘が長く続くと血液中に毒素が増えることが知られています。

血液にのって毒素は全身に運ばれ、その毒素が皮膚に出ると肌のトラブルになるのです。

便秘と重なる症状

肌荒れ:血液中の毒素により血流が悪くなり新陳代謝が低下します。

乾燥肌やくすみ、にきび、ふきでものの原因になることも予想されます。

体臭:便秘が続くとアセトン臭が出やすくなります。

むくみ:毒素の影響で血行が悪くなり身体の代謝が低下してむくみが下半身に集中します。

免疫力低下:腸管には免疫器官としての機能が有り低下することが知られています。

便秘解消で毒素を排出

便秘で腸内に詰まった毒素は、肌荒れや冷え、むくみ、体臭の原因になります。

これらの症状を解消するには毒素をためる原因である便秘を解消することが大切です。

便を排出することにより毒素が溜まらないようにして肌のトラブルを改善し、見た目の健康も取り戻すことにつながります。

大腸ガンの予防を考える

大腸ガンは、日本人に一番多いガンとして知られています。

中年以降になると、ガン、高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかる可能性が高まります。

健康診断でメタボリックシンドロームと診断される人も多くなります。

こららの生活習慣病の予防と便秘の予防や感前作はほぼ同じです。

食物繊維や乳酸菌などの腸の健康を取り戻す食事をして適度な運動や規則正しい生活をすることで便秘や生活習慣病になる可能性も低減することが出来ます。

大腸ガン

便秘の影響で、便に含まれる二次胆汁酸や毒素、腸内の悪玉菌が腸に悪影響を与えると発がんのリスクが高まります。

腸の病気

中高年になると便秘では無くても大腸ポリープや憩室炎などになりやすく便秘であればリスクが高まります。

予防

便秘予防するような生活習慣の改善で腸の機能改善やガンの予防になります。

食事や生活習慣の見直しで肥満や運動不足が解消されることも多く高血圧や糖尿病にもかかり難くなります。

・野菜・果物・豆類・植物性の食べ物を中心に

・毎日30分以上の運動を心がける

・高カロリーの食べ物や甘いものを控える

・野菜と果物を1日400g以上食べる

・アルコールを控える

・塩分を控える

自宅でも手軽にガン検査を出来るセットもございます

早期発見が生存率を上げることにつながります。

吹き出物やニキビ

慢性的な便秘が続くといつのまにかに顔中にニキビや吹き出物ができてしまったり肌の艶がなくなったり、顔色がさえなくなったり肌荒れでお化粧ののりが悪いなどのトラブルが起きたりします。

便秘になると吹き出物が出来たり肌が荒れたりする原因

  • 1:便秘で新陳代謝が悪くなり、ホルモンの代謝が落ちる。
  • 2:腸内で増えた悪玉菌から発生したガスが吸収され粘膜から体に入り体内を循環する。
  • 3:自律神経の働きが低下して皮膚の血行が悪くなる。

身体共にすっきりするためにも自分に合った解消法を探すことが大切です。

お腹が張る、口臭がひどくなる

お腹が張って苦しいなど便秘になると不快な症状があります。

これは、腸内に溜まった便が腐敗したガスが原因だとされています。

このガスがおならとして出ることが出来ず行き場を失ったガスが腸に溜まり起こる現象だとされています。

おならは、1日に500mlから15000ml、5回くらいに分けて放出されると言われています。

腸内で発生するガスの7割は食事や会話中に吸い込んだ呼気で2割が血中のガス、1割が腸内で発生するガスであると言われています。

これが、便秘になると腸内で悪玉菌が増加して滞留便の腐敗を促しガスを増やすとされています。

この結果お腹がパンパンに張ってしまうのですが、この状態のオナラは臭いもきつくなります。

また、放出されないガスは血液中に吸収され、肺に運ばれ呼気にも混ざり吐く息も臭くなるとされています。

便秘で胃腸の調子が悪くなると口臭も臭くなる原因にはこのようなメカニズムが働きます。

イライラや不眠

便秘とは出るべきものが出ない状態なので不快感が続きます。

お腹が張ったり、肌は荒れるしという状態が重なるとイライラしてしてしまうのも無理ありません。

便秘が続くとイライラも続くことになります。

しかし、ストレス自体も便秘の原因になりますのでストレスの解消法も用意しておくこことが解消につながります。

生活習慣の見直しや食習慣の見直しで慢性的な便秘を解消し健康な体を取り戻しましょう!