依存症

重度の便秘の方は便秘薬依存症

便秘が重くなっている方の多くは、便秘薬・下剤を使用しています。

「できれば使いたくないけど、使わないと出ない」というのが薬を頼ってしまう理由だと思います。

なぜなら、

便秘薬は効く

そうです、便秘薬は効くのです。

しかし、そんなに効くならば何故、便秘薬・下剤を使っている方は便秘が良くならないのでしょうか?

便秘薬の副作用

そうです、便秘薬・下剤には副作用があり、効果の代償として払うその副作用が薬の依存症と関係があるようです。

では、副作用について解説する前にどのような薬なのか?について解説したいと思います。

便秘薬や下剤の成分と特徴

下剤には、腸の粘膜を刺激して腸の運動を高める「刺激性下剤」と便を軟らかくし「かさ」を増やし排便をうながす「機械性下剤」の二種類があります。

この「刺激性下剤」は、アントラキノン系下剤が主流でアロエ・センナ・大黄などの生薬が使用されこの種類の下剤の副作用として、腸壁が黒くなったり、常用の習慣がついてしまうのどが懸念されています。

アントラキノン系の便秘薬でも様々な種類が有り、便秘の原因や腸のどこに障害があるかで薬を使い分けることが大切ですので注意しましょう!

小腸の働きが悪化している場合は酸化マグネシウムなどの下剤が有効とされ塩類下剤は、機械性下剤と呼ばれ便を柔らかくしたりかさを増やし排便を促すタイプとされています。

便秘薬と下剤の種類

刺激性下剤

大腸刺激性下剤

刺激性下剤の中でも良く使われる下剤で大腸のぜん動運動を活発にして、便を出すタイプで市販の錠剤の多くがこれに当たり、長く使い続けると大腸メラノーシスの引き金になりますのでご注意ください。

小腸刺激性下剤

小腸に刺激を与えるタイプでひまし油やオリーブオイルがこれに当たり小腸には下剤の副作用が起こりにくく腸メラノーシスが起こりにくいと言われています。

機械性下剤

塩類下剤

塩類下剤は硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどの塩類の高い浸透圧を使用し、腸の表面から水分を引き寄せ、腸管内の水分量を増加させて便(大便・糞)を軟らかくし、排便を促します。

塩類下剤は習慣性が少ないため、長期間使用しても副作用の心配はほとんどありません。

糖類下剤

消化器官に吸収・分解されず、そのまま大腸に到達しその後、腸内で分解され便を酸性化し、浸透圧作用で排便効果を促します。

糖類下剤には、肝機能障害の傾向にある便秘症に使用されるモニラック(ラクツロース)や、造影剤による便秘を防ぐ目的のD-ソルビトールなどがあります。

糖尿病患者は、糖類下剤を服用することで血圧降下を起こす危険性があるので注意が必要です。

刺膨張性下剤

膨張性下剤はいわゆる寒天(食物繊維)と同じような作用で、即効性はありませんが、副作用の心配もほとんどなく、生理的な排便に近いので、高齢者などの便秘にも安心して用いることができます。

しかし稀に悪心・嘔吐・腹部膨満感がしたり、過敏症状が現れることがあり、また痙攣性便秘の人には効果がなく、妊娠・授乳中の人は医師や薬剤師に使用してもいいか相談しましょう。

浸潤性下剤

腸内の便に浸潤して、それをやわらかくする働きがある薬ですが日本ではあまり使用さておりません。

便秘薬以外にも食べ物が有効なケースもあり便の元となる消化管の内容物が減ることで起こる便秘には水分の摂取と食物繊維の摂取が有効であるとされています。

ただし、下剤依存症の方がいきなり使っていた便秘薬を止めると排便が全く出来なくなる可能性があるので注意が必要です。

腸の働きが極度に悪化し便意が無くなっているためです。

このような場合は暫くの間、便秘薬と食事療法や運動療法を暫く併用し徐々にアントラキノン系の刺激性下剤を減量していくと良いとされます。

便秘薬と下剤の副作用の解説

市販の便秘薬のほとんどがいわゆる下剤といわれるもので、下剤は、便秘を根治させるものではなくあくまで薬の力を借りて一時的に便を出すだけのものです。

下剤に頼る生活をしていると、自分で腸を動かす事が出来なくなり腸の機能が低下して、遂には下剤無しでは便意も起こらなくなり便意の無い便秘の原因となります。

また、下剤に含まれるある種の成分は腸の壁に沈着して医学用語では大腸メラノーシスと呼ばれ腸の壁を黒くします。

下剤には、腸の粘膜を刺激して腸運動を高める「刺激性下剤」と便を軟らかくして「かさ」をふやし排便反射を促す「機械性下剤」とがありますが大腸メラノーシスの副作用が起こるのは前者の刺激性下剤を指します。

アロエやセンナ、大黄などの生薬が入った下剤で専門用語ではアントラキノン系下剤とも言われ大腸メラノーシスを引き起こす原因と言われています。

下剤の使い過ぎで便秘を悪化させる

市販の下剤の大半は、作用の強い成分が含まれ使い続けているうちに腸の機能低下を招き薬によって便秘が悪化するという事態に陥ってしまいます。

下剤依存のサイクル

便の無し → 下剤使用 → 腸の機能低下

便意が全く起こらない人は多くの場合市販薬を使用し始めます。

市販薬の多くは、センナや大黄、アロエなどを含む(アントラキノン系)の下剤で即効性がある一方で依存性もあるので注意しましょう!

便を出すことも出来るが、便がな無くなるとまた薬に頼るしかなくなってきて使い続けると大腸の粘膜が色素沈着を起こす大腸メラノーシスを招く可能性があります。

これは、腸壁が真っ黒になり腸管の神経も影響を受けやがて大腸がのびたゴムのようになり腸の機能が著しく低下してしまう可能性があります。

腸が黒くなる

アントラキノン系の下剤が腸にはいると薬の代謝の過程で腸壁にメラニンのような色素沈着が起こります。

これを大腸メラノーシスと呼び腸が黒くなり、腸管の神経もダメージが起き腸の動きが弱まりますので

下剤への過度な依存を止め、自分の力で出せることを目指しましょう!

浣腸について

便秘が良くならないと、浣腸や薬を使用して排便をすることを考える方が多いようです。

安易に市販品の物を選んで使用することは考え直すことも必要なのではないでしょうか?

便秘に対して、浣腸や薬というものは症状に合わせて使うべきもので必要を感じた時には、医師に相談し、医師の診断のもとで浣腸や薬が処方された場合はそれらを使うようにしましょう。

そもそも、便秘の薬といっても、上記で説明したように腸の動きを良くする薬、便を軟らかくする薬など様々な種類があり症状によって必要なものを適切に処方してもらったほうが良いのです。

また、簡単に薬に頼ってしまうと、依存してしまうようになる危険性も出てきます。

大人でも、薬を服用するといったん改善するが、切れるとまた戻ってしまうという事で、飲み続けてしまう方もいらっしゃいますが、まだ体が未成熟な子供はなおさらです。

当たり前のように聞こえると思いますが、便秘でも風邪でも何か体の不調が出たらすぐに薬を飲む、という方は少なからずいらっしゃいますし、やはり手っ取り早く症状を抑えることができるイメージが強いため、注意が必要です。

子供の便秘における浣腸や薬の取扱いは、十分注意をしましょう!

便秘薬・下剤依存から抜け出したいあなたへ

薬に頼りたくない

そう思われたあなたは前にすすみましょう。

人間はなかなか習慣からは抜け出せない物です。

また、特に時間・努力・お金など自分が払うべき犠牲がある場合は、行動する前からあきらめたり途中であきらめたりしてしまいます。

それは、行動の先に確信がもてないからではないでしょうか?

依存症を断ち切り自分の排便力を取り戻せた方はたくさんいらっしゃいます。

では、成功した人と成功しなかった人の違いは何なんでしょうか?

「成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことだ」

これは、パナソニック創業者の松下幸之助さんの言葉です。

まずは、

行動する

行動しなければ、可能性はゼロです。

続ける

歩みを止めたら可能性はゼロになります。

しかし、ゴールに向かって、毎日1歩でも歩いている限り必ずゴールにたどり着きます。

重要なのは続ける工夫で、これは人様々なので自分が続けやすい方法を見つけるようにしてください。

下記に、薬に頼らない便秘解消法を集めてみました。

食事法は外せない栄養素を紹介していますが、運動方法は自分が続けられそうなものを選ぶと良いでしょう。