ストレスを感じ頭を抱える男性

学校や職場、人間はいずれかの組織に属し日常起こる事によるストレスは避けることは出来ません。

ストレスに対して抵抗力をつけるには、気分転換の方法を見つけたりストレスに耐えられるようなコンディションの維持、出来事に対する自分の意識の持ち方を変えるという方法があります。

劣等感が強い場合

人前に出るとあがってしまったり、何か事があると緊張してしまう事ってありませんか?

動悸が早まったり、赤面したり、緊張して上手く話せない事を自分の能力不足と思いストレスになってしまう人が多いのではないでしょうか。

このような反応は、人間誰しもに起こる減少で決して特別なことでは無いので安心しましょう!

ストレスによって起こる心身の反応は生理反応として受け入れるしか無く、程度が大きいか、小さいかの違いなのです。

人はだれしもが劣等感を持つことは普通ですし心が弱いと思うことも悪いことではありません。

自分の心のありようをそのまま事実として受け入れれば、自分だけが特別ではないことに気づくことができるはずです。

体の不調を過度に気にしてしまうタイプ

体調が良い時は、あらゆる事に積極的に取組みますが体の不調を感じるとこの不調に対して過度に気にしてしまうことはありませんか?

本来は前向きにあらゆる事に取り組みたいと思っているのに、体調の悪さが過度に気になりその事だけに気持ちが集中してしまうタイプの人がいます。

体調を整えたり回復に取り組む事は良いことですが病院での診断で異常が見られない場合は、体質による不調はある程度受け入れて行かなければなりません。

不調だけに時間を取られすぎて他のことに手がつかないのは問題で、不調を感じながらも、自分がしたいことに時間を使うことは充実感につばがり、後悔も少なくなります。

完璧主義が負担になるタイプ

完璧主義の人は、7割8割の結果では満足できず、結果だけを見て、未達成と考え、その過程で自分がしてきた努力を評価しない事が多いようです。

これは決して未達成ではなく、将来につながる経過と考えなくてはなりません。

このような考え方はストレスに強くなる方法ですが病気に対しても応用できます。

過敏性腸症候群などの治療でなかなか期待通りの結果が出ないこともありますがありのまま受け入れて淡々と出来る事を実行することが大切です。

そのような経過を経ていつのまにか症状が軽くなることも多いようです。

結果を否定することは努力をも否定することになり精神衛生上良くありませんので注意しましょう。

自己反省の強いタイプ

失敗があった時は、その原因を検証し反省することは大切なことで、次回の失敗を避けるためには必要であると言えましょう。

しかし、自己反省に時間を費やし過ぎることは時間の無駄にもなり精神衛生上も良いことではありません。

ある程度検証できたら、次は出来る事、前向きなことに時間を使いましょう。

行動することで状況は変わるもので、行動することで成果が出てきますし、条件も環境も変わります。

そのような状況は、ストレス管理上良い環境であるとされています。

曖昧さを許容できないタイプ

状況や物事が白黒はっきりしていないと不安になってしまうタイプで、曖昧な状態があると、気になりものごとに手がつきません。

曖昧なことがストレスになり、その状態に耐えられず状況を決めつけないと気が済みません。

マイナスの方に考えがちになり不安感をつのらせていきます。

周囲でマイナスな出来事が起こると、自分にも同様に起こるのではないかと解消されるはずのない不安を持ち続けてしまうのが特徴です。

出来る事をする、という心構えのほうがストレスは軽くなります。

状況がはっきりしなくても出来る事は多くありますししておいた方が良いこともたくさんあります。

心のダメージから回復する方法

ボールに物が衝突すると、一度へこんだ後元に戻り、これは弾力性が働いています。

心も同様にこの弾力性を維持することにより、ストレスから回復ができます。

この回復力を維持するためには生活習慣のリズムを作ることは大切です。

また、心の持ち方を変えるだけでストレスに対する抵抗力を強めます。

下記では、生活習慣の改善以外にこの抵抗力を高める方法を紹介します。

何でも話せる友人を作る

何でも話せる状況は、ストレスを溜めない有効な方法です。

失敗や心配を他人に話すことを恥ずかしく感じることですが一人で抱え込むとストレスになります。

口に出すことで、気持ちがスッキリすることもありますし、話すことで客観的には全然問題無い事に気づくことも多々あります。

ただ、同じ相手だけに愚痴を話すことは相手が負担を感じる可能性もあるので、複数の相談相手を作り、問題毎に相手を変えてみる事も良いでしょう。

そうすれば聞いている相手も新鮮に感じることができます。

また、話すだけではなく、相手の不平不満や悩み事も聞くようにしましょう。

そうすることで、お互いにストレスを発散できてプラスの関係を維持できます。

好きなことや熱中できることを見つける

興味が有ることや、心地良いこと、熱中できることがあると、その間はストレスから遠ざかることが出来ます。

そして、不満や後悔を上回る達成感や心地よさが残り気持ちを切り替えることが出来ます。

多忙な時でも、仕事や勉強以外に興味を持つようにしましょう。

環境を変える

環境が変わると気分も変わります。

部屋の模様替えや、旅行なども良いでしょう。

トイレが心配で遠出出来ない時は、トイレがありそうな場所を目的地にすると良いでしょう。

外気に触れたり、いつもとは違った空間で過ごすことも気分転換には最適です。

日々の生活

様々な心のトラブルを抱えると、家事などが疎かになる場合があります。

時間が無いと手を抜くことがありますが、ストレスは減らず仕事もはかどらないこともしばしばです。

今までできなかったことが出来なくなるとそれがストレスになります。

掃除や料理などは、それをすることにより、無意識の内に達成感や充実感を得られます。

幸せホルモンを作る食事法

人間の気分はホルモンによって左右されます。

そして、人をストレスから解放し幸せにするホルモンとは

セロトニン

そうです、このセロトニンこそがどんな時でも人を幸せにするホルモンなのです。

しかし、このセロトニンは人間の体にはおよそ10g、スプーン1杯分しか存在しません。

セロトニン9割

セロトニンの9割は腸で作らてていますが、腸内環境が悪化していると合成されずセロトニン不足になってしまいます。

セロトニンを増やすには腸内環境を改善しなければなりません。

腸内環境の改善には、善玉菌がしっかりと働けるサイクルが必要で、そのサイクルとは、、、

善玉菌サイクル

このサイクルを上手にまわすには、善玉菌だけ摂取してもだめだし、善玉菌を増やす栄養素だけでもだめで、両方摂取しなければなりません。

両方を摂取できる栄養は普段の食事からも摂取できますが、サプリメントを使うと手軽に全ての栄養を摂取できます。

効果が期待できる善玉菌サプリメントはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

zendamaranking