改善法を解説する男性

生活習慣は胃腸に影響する

仕事が長引いたりして生活が夜型になると規則正しい生活も難しくなります。

人間の体は生まれながらに体内時計があり、この体内時計に従い体は機能し、この体内の周期によって、起床、活動、睡眠などに体は順応しています。

自律神経や内分泌系が、呼吸、体循環、消化などの生存に必要な活動をしていますが生活のリズムが崩れると心にも体にも影響を与えます。

胃腸の調子が悪くなったり疲れやすくなるといった変調の大きな原因はこの生活のリズムの乱れが大きく影響を与えています。

そして、この乱れをストレスと脳が感じるとストレスに対する抵抗力も弱まるという悪循環に陥ります。

敏感な人ほど影響を受けやすい

脳と神経でつながっている腸はストレスの影響をうけやすい器官です。

生活のリズムの乱れが下痢や便秘のような便通異常の形で表面化しやすいのです。

過敏性腸症候群の人は腸管の運動のバランスが乱れやすく刺激に対する痛みを感じやすい状態になっています。

生活のリズムが乱れたり疲労が溜まっている状態では一層症状が出やすくなっています。

生活のリズムは、起床、食事、就寝

生活のリズムが乱れているかどうかは、一日の行動を表にすると確認しやすくなります。

しばらく続けていると自分の生活パターンを客観的に観察することが出来るようになります。

普段の生活を確認して、食事や睡眠の時間が一定ではない人はリズムを作るようにしましょう。

一日の内、起床から朝、昼、夜の食事や就寝の時間が一定になるようにしましょう。

排便のリズムも気をつける

食べ物や飲み物がいに入るとそれが刺激になり腸は活動を始めます。

消化されて直腸まで達すると便意という排便のサインが出ます。

便秘の人では、この便意を逃して便秘の症状を悪化させるケースがあります。

排便のリズムを整えて定期的にトイレへ行く事で便意を逃さないことができます。

一日の排便のリズムで一番大切なのは、朝食後の時間です。

何故なら朝は前日食べた物が大腸に届く時間で便を出しやすい時間とされ、なるべく時間を作り、朝はトイレへ行くようにしましょう。

また、便秘とは逆に通勤中に便意をもよおす人にとっては便を済ましておくことが安心感につながり困ったときに便意が出ないようになります。

ストレス管理

ストレスは人間の防衛本能からくる作用で自然の摂理ですが溜まりすぎたストレスは健康に悪影響を及ぼします。

生真面目な性格は視界的に優れた特質ですが行き過ぎると、過剰適応型といい無意識の内に期待に答えようと抱えきれないストレスを自覚なしに溜め込んでしまう人も多いようです。

その結果として、過敏性腸症候群などに悩む人も多いとされます。

こちらのストレスチェックで

ストレスチェックはコチラ

自分がどの程度ストレスを溜め込んでいるかを確認しましょう。

下痢を止める食事法