チェックする医師

胃がんにはピロリ菌感染が深く関わっているとされます。

ピロリ菌感染のない方から胃がんが発生することは稀とされます。

また、ピロリ菌感染によって胃粘膜の萎縮が進むほど胃がんが発生しやすくなるとされます。

胃粘膜の萎縮の程度はペプシノゲンという消化酵素を測定することでわかり血液中のペプシノゲン濃度が基準値以下の人は6~9倍胃がんになりやすいとされます。

胃がんリスク検診はピロリ菌感染の有無と胃粘膜の萎縮度(ペプシノゲン)を採血検査で判断することで胃がんになりやすい人かなりにくい人かを判定する検診法です。

胃がんりすく検診の判定

胃がんリスク検診はピロリ菌感染の有無とペプシノゲン値による胃粘膜の萎縮度によって胃がんになりやすいかどうかをABCDの4段階で判定します。

A群
ピロリ菌感染がなく、胃粘膜の萎縮のない群で胃がんの発生するリスクはほとんどありません。
B群
ピロリ菌感染はあるものの、ペプシノゲン値が基準値以上(陰性)で、胃粘膜の進んでいない群で、胃がんの発生率は年率0.1%程度です。
C群
ピロリ菌感染があり、ペプシノゲン値が基準値以下(陽性)で萎縮の進んだ群で、年率0.2%程度の胃がんの発生率です。
D群
胃粘膜の萎縮が進んで、ピロリ菌が住めなくなった胃粘膜の状態です。ピロリ菌抗体陰性、ペプシノゲンは陽性となし、胃がん発生率は年率1.25%です。

A群→B群→C群→D群の順に胃がんのリスクは高まっていくとされます。

胃がん血液検査キット