乳不耐症

皆さんは乳不耐症という言葉を聞いた事がありますでしょうか。

世界的に見ても7割以上の人が乳不耐症ですが、意外と症状の名前は知らなかった、という人は多いと察します。

乳不耐症とは、体内に於ける乳糖分解酵素が不足している事で乳製品を消化する事ができない、という状態です。

周りの人でも牛乳を飲むとお腹を壊すから飲めない・・・なんて人は結構いるかと思います。牛乳を初めあらゆる乳製品で発症し、程度は個人差がありますが、お腹に不快な膨張感が出たり、下痢、吐き気を感じる事もあります。

症状が重い人の場合、乳製品を摂取することで体内に栄養が吸収される前に下痢として体外に栄養が排出されてしまうので、栄養失調にまで発展する事もあるので、あまり軽視は出来ない症状と言えます。

もしかして自分も乳不耐症では、と疑う人もいるかと思います。

心配であれば医師の検診を受ける事がまず第一ではありますが、乳製品を摂取した後にお腹を壊す事が多い人、もしくは下痢気味、腹部の膨張感が現れる、という場合は原因は3つ考えられます。

冷たい牛乳で一気に胃腸が冷えお腹に刺激を与えてしまった場合

             

これは病気ではありません。

同様にカキ氷やアイスクリームを食べると冷たさで頭が痛くなる人がいるように体の「反応」です。

この場合は牛乳だけではなく冷たい水やジュースでも同じ症状がでるはずです。

対応策としては、飲み物を飲む場合は温めてから飲む事でしょう。

実は乳製品以外のアレルギーがある場合

あまりにもひどいアレルギーであれば、病院にかかって対処をしている人がほとんどかと思いますが、症状が出ても日常生活に支障がない程度の軽いアレルギーの場合も、乳不耐症と似たような症状が出る事もあります。

原因がわかれば対策ができるので、この場合は医師の検診を受けた方が良いかもしれません。

乳不耐症である場合

大人でもこのように体調に悪影響があるのですが、子供の場合はもっと深刻です。

下痢で体や体の成長に必要な栄養分がきちんと摂取できていない状態、いわば栄養不足の状態に陥ってしまうと、体重が増えなかったり、免疫力が落ちてかぜをひきやすくなったりしてしまいます。

子供が牛乳を飲むとお腹が痛くなるから飲まない、と言った時に、好き嫌いで牛乳を飲みたくないから嘘をついているな、という判断をされる親御さんは少なくないそうなのですが、子供にそう言われた時は、疑うよりも先に便通や体調がどうなっているのか観察したほうが良いでしょう。

素人判断で断定してしまうと他に原因または重大な病気に罹ってしまっていても見過ごしてしまいますので、一度医師の診察を受けてみる事をお勧めします。

またスーパーや薬局などで、カルシウムの錠剤も手軽に購入できますし、牛乳など乳製品に入れると乳不耐症の症状が出なくなる薬なども処方箋不要で購入できますのでそちらも試してみる価値はありそうですね。