「病気にならない食事法」の記事一覧

高齢者は、心筋と心筋の間の部分(間質)に異物が沈着し、コラーゲンが増え、線維化が進みます。

その結果、心臓の壁が厚くなり(心臓肥大)、広がりにくくなり(拡張障害)、わずかな障害でも心不全が起こりやすくなります。

また、加齢で血管が硬くなり弾性を失い、平滑筋と平滑筋の間(間質)にコラーゲンが増えたり、血管の断裂、内膜の肥厚、石灰化が起こる可能性があります。

青汁の期待される効果

病気にならない食事法

美容と健康に良いとされる青汁ですが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。 青汁を続けることで期待できる効果をまとめました。 ・青汁の効果 ①便秘解消 豊富な食物繊維が含まれているため、多くの方が便秘解消の効果を実感して・・・

青汁とは?

病気にならない食事法

一時期ブームになり注目された青汁ですが、今ではすっかり健康と美容のための定番アイテムとなっています。 そこでいまさら聞けない「青汁とは何か」についてご説明しましょう。 ・青汁って何? 青汁とは簡単に言うと「生の緑葉野菜を・・・

生活習慣病を予防する食事法

病気にならない食事法

肥満を測る指標 肥満の指標として世界的に採用されている指標にBMIという指標があります。 これは、身長と体重を用いて肥満を判定する方法で、自分の身長と体重を入力して数値が25未満なら適正です。 無料BMIチェッカーはコチ・・・

減塩調理法-美味しくするコツ

病気にならない食事法

濃厚な出汁で減塩する 汁物や煮物などを薄味で美味しくするのは出汁の旨味を効かせるのがコツです。 市販の出汁は塩分が多いので使用する場合は塩分の少ないものを選び量は控えましょう。 自分で出汁をとったほうが減塩になり、昆布や・・・

ページの先頭へ