B

8種類のビタミンからなるビタミンB群は補酵素として酵素の働きを助け健康を維持します。

同時に摂取することで、ストレスに強く肌荒れに強い体を作ります。

水溶性のビタミンには、作用が類似していたり同時に摂ると効果が上がるものは、ビタミンB群として分類されています。

ビタミンB群には、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンB12,ナイアシン、パンテトン酸、葉酸、ビオチンの8種類があります。

共通した役割は、酵素の働きを助ける補酵素として働きます。

酵素とは、食べ物の消化、吸収、エネルギー生成、老廃物の排泄など体内で起こる様々な化学反応をする物質で、この物質がないと化学反応が起きません。

また、酵素は補酵素の働きがないと上手く作用が出来ません。

ビタミンB群は、補酵素として体の生命活動を支えています。

ビタミンB群の種類

ビタミンB1

主な働きは、糖質の分解を助け、脳へのエネルギーを作り出すことで、欠乏すると、脚気になります。

ビタミンB1についての詳しい解説はコチラ

ビタミンB2

抗酸化酵素の補酵素になり、過酸化脂質の分解を助け動脈硬化を防いだりエネルギー代謝を促進させます。

欠乏すると、口内炎等の粘膜へダメージを与えます。

ビタミンB2についての詳しい解説はコチラ

ビタミンB6

タンパク質の代謝を助ける補酵素です。

月経前症候群を抑えたり、妊娠中毒症を抑えます。

ビタミンB6についての詳しい解説はコチラ

ビタミンB12

赤血球の生成を促進させます。

貧血や消化器官障害の予防に効果を発揮します。

ビタミンB12についての詳しい解説はコチラ

ナイアシン

アルコールを分解する酵素の補酵素になります。

エネルギー代謝を助けたり、皮膚や消化管を守ります。

ナイアシンについての詳しい解説はコチラ

パンテトン酸

髪や肌を美しく保つために大切な栄養素です。

様々な食品に含まれ不足の心配はありませんが、摂り過ぎても大丈夫です。

パントテン酸についての詳しい解説はコチラ

ビオチン

皮膚の健康に役立つビタミンでアトピー性皮膚炎の治療にも使われます。

ビオチンについての詳しい解説はコチラ

葉酸

遺伝情報が収納される核酸の構成物質であり細胞分裂や赤血球の生成に欠かせないビタミンです。

葉酸についての詳しい解説はコチラ