日常生活に潜むリスク(食中毒、感染症、病気)

日本での寄生虫

海外旅行でかかりやすい感染症

現代医学では寄生虫は病原因子として認識され、排除すべき異物として認識されています。 日本では現在は体内に寄生虫である回虫などを持っている人はほとんどいませんが、1950年代までの日本では寄生虫感染率は6割ほどであったとさ・・・

人間と動物の感染経路の違い

感染症の基礎知識

人の感染症が広がる伝染経路と動物の感染症が広がる伝染経路には大きな違いがあります。 経路に大きな違いがあるのは、行動形態が全く違うからです。 人間が文明を進化させ衛生環境が向上して既存の病原体が増殖し難い行動形態になって・・・

施設内の伝染病と感染対策

感染症の基礎知識

病院には免疫力の落ちた患者が多く入院しており、高齢化社会の現代では免疫力が落ちた高齢者の比率が高くなっています。 また、病院では手術を受けた人や臓器移植を受け免疫抑制剤を飲んでいる人抗癌剤を飲んでいる人など免疫力の落ちた・・・

サルモネラ・カンピロバクター・腸炎ビブリオ・ボツリヌス(食中毒を起こす細菌)

家庭で起こる感染症の種類

細菌がウィルスは自己増殖するという点では同じですがウィルスは細菌に入り込んで機能を利用しない限り増殖できないのに対して細菌は外界でも栄養分があれば増殖します。 細菌とウィルスの違いの解説 食物は細菌にとっても栄養源であり・・・

旅行者下痢症(旅行中又は帰国10日以内に、1日3回以上の下痢が起こった状態)

海外旅行でかかりやすい感染症

海外へ旅行する日本人は年間1700万人いてその中で500万人は東南アジアへ旅行します。 日本人が海外旅行に行くと国内では感染しない感染症にかかる時があります。 海外では現地の食物を食べることになりますが旅行者だけが下痢を・・・

古来から伝わる食中毒を防ぐ調理法

食中毒の基礎知識

火による殺菌や抗菌 人類は誕生以来現代まで、食中毒により生命を脅かされてきました。 人類は多くの犠牲を払いながらこの問題を加熱で解決できることを発見しました。 細菌性食中毒の予防には、加熱が最も効果的で、75℃1分という・・・

人類と細菌の関係

食中毒の基礎知識

身の回りの多くの細菌の一部が食中毒を起こす 人間の周りには、細菌、ウィルス、カビなど微生物であふれていますが全ての微生物が人間に有害な訳ではありません。 人間の生活に眼に見える有益な働きをしている菌では納豆菌、イースト菌・・・

細菌やウィルスによる食中毒

食中毒の基礎知識

人間は口から食物を接触し、食物は食道を通り胃へ運ばれ、胃では胃酸という強力な酸が分泌されており食物を消化し、食物に付着した細菌も胃に運ばれることで殆どが死滅します。 ただし、体調不良で抵抗力が落ちている時や胃酸の出が悪い・・・

ページの先頭へ