食事中の高齢者

加齢臭予防に効果的な食事法

加齢臭の元となるノネナールを抑制するには、毎日食べる食事の栄養素に注目することも有効です。

ノネナールを抑制する栄養素は抗酸化作用のある食べ物が良いとされています。

この抗酸化作用があるとされている栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、カロチン、ポリフェノール、カテキンなどが挙げられます。

ビタミンCは抗酸化作用がある一番有名な栄養素で、血管や骨を強くして白血球の働きも強め免疫力を上げる働きもあります。

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ酸化を防ぎます。

一緒に摂ると、CがEの抗酸化作用を高めるのでより効果的です。

また、ビタミンEは玄米や胚芽にも含まれるので玄米や胚芽米などを主食にすると難なく摂取できます。

抗酸化作用のある栄養素は活性酸素の攻撃をブロックするとともに活性酸素によってダメージを受けた細胞をさせる効果も期待できます。

抗酸化物質の代表は、ポリフェノール、ベータカロチン、カテキン、セサミノールですがウコンやアロエにも抗酸化物質が含まれているとされています。

また、抗酸化力をつけるにはマンガン亜鉛などのミネラル摂取も非常に重要であるとされています。

ターメリックやわさび、しょうがなどの香辛料やスパイスにも抗酸化作用があることがわかってきています。

ビタミンCを多く含む食品

パセリ、ブロッコリー、キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ほうれん草

シソ葉、さやえんどう、青梗菜、ネギ、ニラ、春菊、トマト、いちご、きうい、柑橘類、柿

ビタミンEを多く含む食品

アスパラ、アボガド、かぼちゃ、さつまいも、大根の葉、たけのこ、にら、ほうれん草、春菊

カレイ、鮭、鯖、さんま、魚卵、ブリ、マグロ、ホタテ、キウイ、ブルーベリー、プルーン

玄米、胚芽米、アーモンド、ナッツ、菜種油、ひまわり油、コーン油

ジョギング中の老人

加齢臭を予防するストレス解消と老化防止

加齢臭は加齢とともに臭いが強くなりますが、これは老化という自然の摂理です。

食事を気をつけることと、あまり自分の臭いを気にし過ぎないことも大切です。

加齢臭のもとになるノネナールを作る過酸化脂質は体内の活性酸素が発生することで増加することが知られています。

その活性酸素が発生する最大の要因はストレスなのです。

ストレスと臭いの相関関係は下記のとおりです。


  1. 自分のニオイを過剰に気にする。

  2. ストレスを感じる。

  3. 活性酸素が発生する。

  4. 過酸化脂質が増加する。

  5. ノネナールが作られる。

  6. 加齢臭が増加する。

  7. 自分の臭いが気になる。

この悪循環を断ち切るためにはストレスを上手に解消し過剰に気にしない工夫が必要なります。

身体の外側ケア

内側だけではなく、外側からもケアをしたい人には、石鹸やシャンプー、ローション、乳液、パウダー、汗拭きシートなどでこまめにお手入れをされると良いでしょう。

良い汗をかく

中高年の女性には、この世代特有の臭いもあります。

更年期になるとホルモンバランスの変化から汗腺機能が低下して体を動かしてもいないのに汗を多くかく場合がございます。

このようなトラブルと加齢臭年代と重なると余計に臭いが気になってしまうケースが多いようです。

散歩やウォーキングなどの手軽な運動などで良い汗をかきエアコンに頼らない生活で工夫をして汗腺を鍛える方法を見つけましょう。

様々な消臭剤

・炭、活性炭

炭を加工してニオイ物質を吸い取る能力を加えたものが活性炭です。

竹から作った竹炭は、臭いを吸着する能力が木炭の数倍あると言われています。

炭が吸い取る成分は、便のニオイ成分である硫化水素や、汗や体臭の成分である炭化水素や脂肪酸などの臭いです。

炭は、臭いだけでなく湿度を調整する働きがあり枕に入れると安眠効果も得られます。

袋に入れて押入れに入れておけば布団の臭いも吸収してくれます。

また、湿気を吸い、ダニやカビの繁殖も抑えてくれる優れものです。

2ヶ月おきに太陽と風に当てれば再生するので長く使えます。

・ニオイを分解する微生物

人間の老廃物や食べ物のカスを雑菌が分解するとニオイ物質をばらまきます。

しかし微生物の中にはニオイ物質を出さずに分解するものもあります。

お米を放置するとカビが生えて臭くなりますが麹というカビがつくと甘酒になります。

この麹のような人間に都合の良い微生物や酵素を利用した消臭剤も開発され商品も増えています。

・芳香剤

悪臭以上にニオイを出す薬剤を使用しマスキングと呼ばれ他のニオイでカバーする商品です。

こちらは、ニオイの原因を解決するものではないので時間が立ち薬剤が無くなるとまた悪臭がします。