看護師と子供

胃腸病が体内でニオイを作り出す

内臓の病気が原因で起こる口臭もあり口臭がおかしいと感じた場合は専門医等に相談してみると良いでしょう。

口臭の原因の中で、歯周病に並んで多いとされる原因が胃腸病です。

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにかかると消化不良を起こしやすくなりその結果、食べたものが胃の中に停滞して異常発酵をする場合があるとされています。

そこで発生したニオイの原因物質が腸管から吸収され血流に乗り肺まで送られ卵の腐ったような口臭となり排出されるのです。

また、腸の働きが低下したり腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスがくずれ悪玉菌が増加してニオイ物質を発生させます。

また、胃腸の病気を起こす最大の原因はストレスであるとされています。

その他、睡眠不足や暴飲暴食、偏食、美食などで動物性脂肪やタンパク質の過剰摂取をすると胃腸病や便秘などの可能性が高まります。

肝機能が衰えニオイの物質を分解できない

肝臓も口臭の発生に関係をする臓器として知られています。

肝臓の働きが正常な場合は、ニオイの原因物質は分解され口臭の原因となる物質も分解されます。

しかし、慢性肝炎などで肝臓の働きが低下すると臭いの原因物質を分解しきれなくなり血流に乗り全身をめぐり口臭や体臭となり体外へ排出されるようになります。

肝臓に問題がある場合の口臭は、ネズミ臭と呼ばれ口の中が苦くなると言われています。

更に重症になるとカビ臭や腐卵臭が混ざったようなニオイになるとされています。

甘酸っぱいニオイに口の渇きがあると糖尿病の可能性

糖尿病になると唾液が不足して口の渇きを感じるようになります。

唾液は口の中の細菌の増殖を抑える機能があります。

唾液が不足すると歯周病の原因となる菌などが増殖して口臭が強くなります。

糖尿病の人は歯周病になりやすいとされていますがそれは口が乾き唾液が不足してしまうという理由があります。

糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなるので代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。

その際に、ケトン体という強いニオイ物質が発生して血流に乗り全身へと送られるため甘酸っぱい口臭や体臭を生み出します。

糖尿病の人から甘酸っぱい臭いがするのはこのような理由があるからです。

その他、腎臓に病気がある時はアンモニア臭がすると言われています。

呼気の通り道の炎症も口臭の原因

気管支炎や肺炎などの呼気系の病気や蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎など鼻やのどに病気を起こしている場合もきつい口臭を発します。

これは、肺や気管支、鼻や喉などが炎症を起こしている部分の皮膚組織がただれたり、化膿を起こし菌が増殖、その結果生臭いような肉の腐ったような独特のニオイを放つようになり、それが呼気とともに排出され口臭となるのです。