女性の足の裏

足のニオイの原因は汗、角質、靴

足の裏は汗腺が集中しており汗腺の中でも多く汗をかく部位です。

足の甲の3倍、背中や胸の5倍~10倍の汗腺が集中しており1日にコップ1杯分の汗をかくとも言われています。

足にかいた汗は、放置しておくと皮膚常在菌によって分解され脂肪酸となりニオイを発します。

また、足の裏は体の他の部分より角質層が厚くなっています。

この表皮細胞が新陳代謝や摩擦などで剥がれ落ちて大量のアカとなります。

このアカを栄養分にして常在菌はますます繁殖し皮脂腺からの分泌物が混じると余計にニオイが強くなるのです。

また、足は靴や靴下などで覆われており、通気性が悪いため、足の温度は上昇し汗も蒸発せずにこもります。

そのような状態で蒸れると皮膚の角質層はより剥がれやすくなり細菌の栄養素をどんどん供給することになるのです。

以上のようなサイクルで、足のニオイの悪循環を生み出しやすい部分なのです。

足のニオイのケアについては、足や爪を清潔にすることが基本で、水虫などの皮膚病を患っている場合は早めの治療が必要です。

足の多汗は精神的発汗が原因

水虫もなく常に足を清潔にしているのに足が臭ってしまう場合は、ストレスによる精神的発汗で足のにおいが強くなっている可能性があります。

また自分の足のニオイが周囲に迷惑をかけていると思い込むことで更にストレスをかけるような悪循環に陥りやすいのです。

ワキガ治療と違い足の多汗を治す方法は現在のところ存在しないので精神的負担をやわらげる工夫が必要となります。

足の臭いの原因と対策の記事一覧