汗をふく女性

臭い汗と臭く無い汗の違い

良い汗はサラサラですぐ乾く

体臭と密接な関係のある汗ですが、汗にも種類があります。

エクリン腺から出る汗には次のようなメカニズムがあります。

体温が上昇すると、血液からミネラル分と水分が汗腺に取り込まれます。

この時、人体にとって必要なミネラル分は血液に再吸収され水分とわずかな塩分だけが汗として皮膚面に排出され、これが、体温調節のための汗で良い汗です。

血液への最吸収機能が上手く働いている良い汗ほどより水に近いサラサラの汗になります。

更に、水に近いので蒸発しやすく気化熱による体温調節もスムーズに行われます。

悪い汗はベタベタで乾きにくい

汗腺の機能が鈍ってミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に排出される汗はベタベタしていて蒸発しにくく体温機能調節がうまくいきません。

この悪い汗は、肉中心の食生活や、生活環境、ストレスの他、運動不足などが原因でこの悪い汗をかくようになると言われています。

最近では、エアコンの多用などにより汗をかく習慣が減り本来の働きが出来ない汗腺が老廃物や角質がたまり汗をかいた時にこれらの不純物も一緒に排出するのが原因であると考えられています。

不安や緊張などの局面で出る汗の場合では、突発的に大量に汗がでる場合もミネラル分の最吸収が追いつかず悪い汗になると考えられたいます。

良い汗は無臭、悪い汗は悪臭

良い汗は蒸発しやすく、また、少量の塩分を含んでいるため皮膚表面を酸性に保ち皮膚の常在菌の繁殖を抑えます。

良い汗をかいているぶんでは悪臭は発生しません。

しかし、悪い汗はベタベタして蒸発しにくいことに加えミネラル分を含んでいるため皮膚表面をアルカリ性にします。

アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすいので汗のニオイが強くなるのです。

エクリン腺の働き

単なる多汗による汗臭さなのにワキガではないかと悩まれている人が多いようです。

多汗によるニオイとワキガ臭は明らかに異なりますがこの違いに深く関係しているのがエクリン腺とアポクリン腺なのです。

まず、エクリン腺ですがここから出る汗は発汗の仕方により次の3つに分類されます。

一つ目は、温熱性発汗で、熱い時や運動した時など体温を調整するために体全体から出る汗で体温を37度前後に保つための生理的な汗です。

二つ目は、精神性発汗で、主に手のひらや足の裏、脇の下など局部にかく汗で、緊張や驚き、不安などから起こる冷や汗など精神的な作用から出る汗を指します。

三つ目は、味覚性発汗といって、辛いものや熱いものなど刺激の強い食べ物を食べた時に、額や鼻、唇の周囲、首などにかく汗を指します。

以上のように、エクリン腺から出る汗は、生理的な汗であることがほとんどで、多汗の場合の汗も大抵は、エクリン腺からの汗であることが多いです。

環境による汗腺ぼ違い

エクリン腺は全身に広く分布して汗腺の数は平均で350万個少ない人で200万個、多い人で500万個あると言われています。

存在する全てのエクリン腺から汗が出ているわけではなく実際に活動している汗腺を能動汗腺と呼びます。

これは、エクリン腺全体の半分程度で、汗の量は能動汗腺の数に影響されます。

能動汗腺の比率は、生後約3年の内に過ごした環境で決まると言われています。

熱帯地域で生まれ育った人は、寒冷地域で育った人より能動汗腺の数が多く、猛暑の中での体温調節をしやすい仕組みに成っています。

この能動汗腺は額や手のひら、足の裏に多く集中しています。

アポクリン腺の働き

アポクリン腺の量は、遺伝の影響もありますが人種や個人によって差があります。

アポクリン腺の役割は、体温の調整ではなく、体臭の原因となるニオイのある物質を作り出すことにあります。

多くの動物は、個体の認識や仲間同士の確認、異性を惹きつけるフェロモンのような言葉以外のコミュニケーションが有り、この役割をアポクリン腺がにない腺組織が発達しています。

人間は進化の過程で、体毛の退化にともないアポクリン腺も退化をしてきました。

体毛の代わりとして寒さをしのぐために衣服を着こみ暑さをしのぐためにエクリン腺が進化をしてきたと考えれています。

そのため、現代人のアポクリン腺はわきや性器の周辺などの局部にしか存在しないのだと考えられています。

つまり、ワキガ臭はアポクリン腺のニオイで、アポクリン腺はニオイを出すための器官であるのです。

エクリン腺の汗

汗は身体の表面にある汗腺と呼ばれる器官から分泌されます。

汗腺には2種類あり、エクリン腺とアポクリン腺があり、この二つの汗腺は分布する部位や汗質、臭いの質などに大きな違いがあります。

エクリン腺の特徴は、全身のいたるところに分布していて1平方cmあたりに100個以上存在していて肉眼では見えないほど小さな汗腺です。

エクリン腺から出る汗の成分は99%以上が水分なので質はサラっとしていてニオイもほとんどありません。

残りの1%以下に塩分や尿素、アンモニア等が混ざっており、エクリン腺から出た汗をかいた後は皮膚のph値は酸性になっています。

酸性の皮膚は、皮膚の常在菌が繁殖しにくい環境でニオイの発生を抑える傾向にあると言えます。

アポクリン腺の汗

アポクリン腺の汗は、脇の下やへその周り、耳の外耳道、乳首の乳輪、性器、肛門の周りなど身体の一部に分布しており毛穴と出口を共有している大きな汗腺です。

成長に伴い大きさが変化して、男女ともに二次成長期を迎える頃に大きくなり老年になると小さくなるのが特徴です。

思春期になると、イクラ粒くらいの大きさになる、そこからたんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフスチン、鉄分などを含んだやや粘り気のある汗を出します。

アポクリン腺からの汗はこのように栄養がたっぷりで塩分をほとんど含まないため、皮膚の常在菌が繁殖しやすくその発酵臭が独特なニオイとなりワキガ臭となります。

皮脂腺の分泌物がニオイを強くする

エクリン腺とアポクリン腺以外に全身の皮膚に分布している組織が皮脂腺で、皮膚を柔らかく湿潤に保つ働きをしています。

ここから分泌される油脂成分がエクリン腺やアポクリン腺から出る汗のニオイを非常に強くしているのです。

皮脂腺は、動物性脂肪をたくさん摂取すると刺激され働きが活発になります。

特にワキガ体質人が動物性脂肪を取り過ぎると皮脂腺からの分泌量が増えてそれがアポクリン腺やエクリン腺を発達させる原因となりニオイを更に強くする原因となります。

体臭やワキガ臭が気になる人は動物性脂肪の過剰摂取に注意する必要があります。

汗をかいた後ワキは臭わないのに衣服が臭う理由

スポーツなどで汗をかくと脇の下のエクリン腺も活発に働いてたくさんの汗をかきます。

エクリン腺の汗はほとんどが水分ですが、ナトリウムやカリウムなどの血漿成分の他に微量のニオイの元になる物質も含まれます。

そのひとつ、重炭素イオンは汗をアルカリ性にして細菌の増殖を助け汗臭さを増す働きがあります。

また、アンモニアや尿素、汗臭いニオイの元になるイソ吉草酸などの脂肪酸も含まれます。

たくさん汗をかくとこれらの物質もたくさん分泌されます。

エクリン腺からの汗は蒸発力が強いので発散したニオイは衣服に吸着され、その為、ワキは臭わないのに衣服が臭わないという現象がおるのです。