臭くて困る女性

便のニオイは、食べた物のニオイ物質がそのまま便になる訳ではなく、たんぱく質や脂質が腸内細菌などにより分解されアンモニアなどのニオイ物質を発生させ臭うようになるのです。

これが便の腐敗臭を主に構成する物質の内容になります。

ただし、排泄物が即、腐敗臭がするというわけではなく、腐敗臭は腸内細菌が悪玉菌優勢な状態になり内容物を腐敗させている時にこの悪臭は発生するとされています。

腐敗が進行する主な原因

咀嚼不足

咀嚼不足とは食べ物をよく噛まずに食べししまうことです。

食べ物が上手く消化しきれず未消化の内容物が堆積して腸内細菌が腐敗させる原因となります。

しっかり消化させるために良く噛み、唾液に含まれる、アミラーゼやパリーゼなどの酵素の分泌も促す必要があります。

これらの酵素は消化を助けるだけではなく、口内の雑菌を抑え、口腔の除菌にも役立ちます。

ストレス

ストレスによっても便は臭くなります。

胃へ送られた食べ物は、強力な酵素ペプシンによって消化されますが、ストレスを感じるとこのペプシンの分泌が抑えられてしまいます。

食べ物が胃に入ったのに分泌量が少なくなったかと思えば、空腹時に分泌量が増えるなどして胃の調子が悪くなってしまいます。

ストレスは小腸の働きをも抑制して腸のぜん動運動にも影響を与えてしまいます。

そうなると腸に入った内容物も腸内で滞留することになり、その結果便秘がちになり腐敗が進み悪臭が強くなる可能性もあります。

腸の汚れ

健康な大腸にも細菌は住み着いていて、人体の健康に欠かせない善玉菌、ビフィズス菌が、人体に有害な悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌などの繁殖を抑え、腸内細菌のバランスを整えています。

善玉菌が減少すると悪玉菌が増殖して未消化の内容物を分化して、有害物質を作りだしてそれが便の悪臭の原因になります。

腸内環境の悪化は便を臭くするだけではなく、血圧を変動させたり白血球の働きを妨げるなど大きな影響を与えます。

40歳代を過ぎると腸内環境の悪化は進みやすく、便のニオイが気になりだす年齢となります。