講義をする先生

タンパク質系の臭いは腸肝循環の悪化が原因

体臭にはニオイの原因物質から分類すると脂質系、たんぱく質系、糖系の三種類があります。

この内、汗臭さを強くしたような脂質系の体臭は、ストレスが最も大きい原因となります。

また、たんぱく質系の体臭は腸肝循環が大きく関係していると言われています。

腸肝循環とは、腸と肝臓との間で生体物質や化学物質などいろいろな物質が、胆汁とともに循環して行き来する新陳代謝です。

胆汁は肝臓で生成され、胆管を通って胆嚢に蓄えられて濃縮され、十二指腸に分泌され、腸で再吸収または排泄され、肝臓と腸の間をグルグルと回っており、この中にニオイ物質なども含まれています。

正常な肝臓は、小腸に送られた栄養素を吸収すると同時にニオイ物質を分別して排泄しますが、肝臓の働きが低下するとこの分別機能が弱まり、ニオイ物質はそのまま血流に乗り体内を循環することになります。

これが、肺に送られると呼気にニオイが混じり口臭となり皮膚表面に送られると汗と一緒に排出され体臭となります。

これが、腸循環によりニオイ物質を含んだ血液が体内に運ぶメカニズムです。

また、腸機能の低下によって消化不良が起こり、飲食物が腸内で異常発酵しニオイ物質を生み出す原因となります。

体臭を強くする生活習慣


    チェック項目
  • 肉や脂分の多い料理が好き

  • タバコをよく吸う

  • 運動不足

  • 毎日同じ靴をはく

  • 足の爪が伸びている

  • ストレスを感じている

  • 便秘がち

  • 汗をあまりかかない

  • 汗の処理はしない

  • 靴がキツイ

  • 一日中靴をはいている

  • 入浴後、すぐに服を着る

  • 服を直接素肌に着る

ワキガ以外の体臭はほとんどが生活習慣が原因となります。

一つでも該当したら体臭発生の可能性が大きくなります。

体臭のニオイ分類

脂質系


汗臭いニオイ

原因:低級脂肪酸やアルデヒド類

発生源:エクリン腺

ワキガ臭

原因:3メチル、2ヘキセノイン酸などの脂肪酸

発生源:アポクリン腺

加齢臭

原因:ノネナールなどの脂肪酸

発生源:皮脂腺

フェロモン臭

原因:アンドロステロールなどの揮発性ステロイド

発生源:皮膚、アポクリン腺

甘い臭い

原因:アセトン・ケトン体

発生源:糖尿病の口臭、汗、尿

たんぱく質系


し尿臭

原因:アンモニア

発生源:尿、便、汗

腐った卵臭

原因:硫化水素などの揮発性硫化物

発生源:口臭、便

腐った玉ねぎ臭

原因:メチルメルカプタンなどの揮発性硫化物

発生源:口臭、便

腐った魚臭

原因:アミン類、インドール、スカトール

発生源:口臭、便

刺激臭

原因:アセトアルデヒド(アルコール代謝物)

発生源:口臭、汗

糖系


アンモニア臭

原因:酢酸、プロピオン酸、酪酸、乳酸などの増加で汗腺でアンモニアが発生

発生源:口臭、汗

体臭の原因と対策 記事一覧