試験管と化学物資

インドールは、おならの臭いの原因物質の1つです。

その他、腸内から放出されたガスを臭くする物質は、アンモニア・インドール・スカトール・硫化水素・アミン等があります。

臭いは、俗に言う大便臭とされる臭いで悪臭の成分です。

ニオイの種類の解説

また、インドールは、大便臭を発散しますが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、香水に使われる天然ジャスミン油は約2.5%のインドールを含むとされています。

腸内の食べ物には臭いは無く、無臭だと言われますが悪玉菌とされる腸内細菌などによる分解などで腐敗臭が出て、それが便臭となります。

これらはタンパク質が腸内の悪玉菌によって分解されたときに発生します。

つまり、腸内環境が悪玉菌優勢な状態が続くとおならも臭いのです。

腸内細菌とニオイとの関係

スカトールも臭いの原因物質の1つです。

腸内細菌の特に悪玉菌が栄養物を分解することでおならの臭いの元になる物質ができます。

スカトールの臭いは糞尿臭と呼ばれる臭いで、有機化合物の一種で、毒性のある白色結晶に分類されます。

哺乳類の便のビート、コールタール等から単離され、強いを持ちます。

インドールと同じで、低濃度では花の香りを呈し、多くの香水の香料や定着剤、タバコの香料及び添加物として使われています。

この物質はタンパク質と結合し、細胞を傷つける物質とされています。

おなら解消