お腹の写真

発酵と腐敗の詳しい解説はコチラです

お腹を元気にする善玉菌

人体に有益な効用が様々な機能のある善玉菌ですが腸内の活性化を促進させるとともに悪玉菌を抑止させる働きもあります。

また、ビタミンB群を生成したり、様々な病原菌に対する抵抗力を高める働きもあります。

細菌では発がん物質の抑制する働きもあるとも言われています。

いいことずくめの善玉菌ですが、善玉菌は年をとるとともに減少してしまいます。

ビフィズス菌を例にとると、一番多いのは赤ちゃんです。

赤ちゃんの大腸にはビフィズス菌が腸内細菌の95%以上を占めていて母乳の乳糖を分解吸収する働きをしています。

ですので赤ちゃんのおならや便は臭いが成人ほど臭くはありません。

また、善玉菌は人間の体内で生成することが出来ないので大人が善玉菌を増やすには、善玉菌を多く含む食品や増やすのを助ける食品を

摂取するとともに食物繊維が豊富で栄養バランスのとれた食事をすることが理想的です。

善玉菌と悪玉菌の種類の解説はコチラ

お腹の中で腐敗する悪玉菌

悪玉菌の中で代表的なものは、ウェルシュ菌で、タンパク質を分解して発がん物質を生成したり腐敗物質を作って腸の老化を促進させたりし時には、感染症や腸炎の原因となったりすることで知られています。

悪玉菌には、その他にも緑膿菌、ブドウ球菌、大腸菌などがあり人体に有害なので、健康のためにはこの悪玉菌の増殖を抑制することが必要になります。

もちろん、臭いおならを抑えるためにも有効な一手となります。

食生活以外にも悪玉菌が増える原因としてストレスや過労、抗生物質など身体が弱っている時に勢いを増します。

また、ひどい下痢の後は、腸の内容物と一緒に腸内細菌も体外に排出されてしまうため善玉菌が減る一因となります。

悪玉菌を増やさないためにも食事やストレスに気を付けて腸内バランスを整えなければいけません。

おなら解消