15

悩みとはなかなか人に言えないもので、恥ずかしいことであればなおさらです。

おならをすること、それ自体はなんら悪いものではなく食事の時や食物と一緒に吸い込む空気や胃や腸の内容物が発酵して生じるガスなどを排出する人間に備わった生理現象に過ぎません。

おならが止まらない時、我慢しなければならない場面に何度も直面する内に、それが恐ろしさに変わり、そのストレスが胃や腸に影響を与えます。

極度なストレスは、自律神経にも影響を与えやがて腸内細菌のバランスをくずしそれがガスのニオイをキツイものにするという悪循環に陥ります。

この悪循環により何度もやってくる下腹部の膨満感や不快感を気にすればするほど回数は増えていき我慢する苦痛にたえることは辛いものです。

授業中や試験中、オフィスや電車、エレベーターの中など、周りの視線を気にしながら毎日過ごすことは悩みを深めます。

我慢することは体に良くなさそうだけど、そうしなければならない日々を送る人が切実な悩みをかかえて内科のお医者さんにみてもらっても症状を抑える薬や整腸薬を渡されて帰ってくるといった経験をされた方も少なくないことでしょう。

しかし、溜まったガスを我慢することは体に悪影響を及ぼし、溜まった腐敗ガスは腸壁を痛め、腸の運動を妨げ、血中に有害物を押し戻すことになります。

このような状態におかれてしまっては心身ともに健康を維持することは難しくなります。

本サイトでは、おならのガスの原因を根本からつきとめ、ガスの恐怖から開放されるための手段を提案いたします。

この繰り返される悩みを早く取り除き楽しい日々を送られますことを願っております。

おならの原因と対策 記事一覧

8
1
10
3
9
11
5
2
12

おなら解消