汗をかくシニア女性

汗腺機能を調節する女性ホルモンが現象

更年期を迎える女性は、汗をよくかくようになったり汗とニオイが強くなる等の現象が現れます。

更年期の症状には様々な症状が有りのぼせ、冷え性、多汗などがあります。

更年期になると女性ホルモンの分泌が低下していきますが、女性ホルモンには、汗腺の調節機能があり同時に低下する傾向にあります。

そのような理由で、更年期になり女性ホルモンが減り汗腺機能の調節が乱れ体温調節が良く機能せずに多汗という症状になり現れるのです。

更年期は精神性発汗が起こりやすい

更年期にはイライラや不安などの精神症状により精神性発汗のメカニズムが強く働くようになります。

更年期以外では、出産後も急に多汗になります。

産後に女性ホルモンの分泌が急激に変化して自律神経が影響を受けることと関係しています。

このような産後の多汗を産褥性多汗と呼びます。

産後しばらくすると自然に治るとされていますが精神性多汗に移行して長引かせるケースも多いようです。

自律神経の乱れが多汗の原因

更年期とは、女性が閉経を迎える前後数年、40代から50代までを指します。

更年期になると、女性のホルモンバランスも崩れてきます。

更年期にある様々な症状は、ホルモンバランスの崩れ、自律神経の調節が上手くいかなくなることに大きく関係しています。

自律神経は血液循環や体温調節など自分の意志とは関係なく体の機能を調節する働きを持っています。

発汗作用もその一つで自律神経のバランスが崩れると発汗作用にも影響を及ぼします。

更年期の汗は臭いが強くベタベタしている

多汗症の場合、汗をかく場所は手や足ですが更年期の多汗症は、手や足ではなく顔、首、胸などに多く汗をかきます。

汗腺機能の低下にともなう体温調節機能の低下により手足は冷たいのにもかかわらず多汗の状態であることもあるようです。

運動による生理的発汗による汗は臭いがなくサラっとしていますが精神性発汗である更年期の汗はベタベタしていて蒸発しにくいためベタベタしています。

このような汗はアンモニア等の物質も含まれ、汗自体から臭いも発します。

更年期の多汗と体臭の対策

更年期の汗は、気温や運動に関係無く発汗する特徴があります。

精神的に緊張すると余計に発汗することもあるので汗が出てきたらまず心を落ち着かせる事が大切です。

ゆっくり腹式呼吸をすると自律神経の副交感神経の働きが和らぐので症状を軽くすることが期待できます。

更年期の汗は、蒸発しにくく体温調節が難しいので衣服の脱着で体温や湿度を調節しましょう。

このようにすれば、出た汗の蒸発をコントロールでき吸収と発散の作用を助け多汗の予防にもなります。

良い汗を出す

汗の抑制よりも良い汗をかく心がけが予防につながる場合もあります。

運動法や入浴法や食事法の工夫での予防も結果的には解決を助けます。

入浴

入浴は、血行を良くして良い発汗を促します。

ゆっくりつかり、たまに両手、両足を熱めのお湯に10~15分つけると良い汗をたっぷりかくことができておすすめです。

風呂は夜はいるか、朝ははいるかでも大きく差がでます。

更年期の体臭予防には、夜寝る前が効果的であるとされています。

理由は乳酸にあり、日中の運動で体内に乳酸がたまり増加すると汗のニオイの元でもあるアンモニアも同時に増えていきます。

入浴では、血液循環が良くなりこの乳酸を減らすことが可能で、夜は乳酸が減った状態で就寝ができるので体臭の低減が可能となるのです。

運動

更年期症状の予防に運動を始めようと考えている方は急激な運動は避けるように心がけましょう。

発汗を促し手足の血流を良くするウォーキングやストレッチもおすすめです。

食事

血行を良くする食事が最適であるとされています。生姜など体が温まる物を食べるようにし

逆に冷たいものをなるべく控えるようにすると良いとされています。

デリケートゾーンのケア方法