足の水虫の感染経路

水虫の原因菌である白癬菌は空気感染することは無く、空気中の白癬菌を人間が吸い込んでも病気になることはありません。

また、水虫の人の足に接触するなど直接感染も無いと考えられています。

白癬菌が人間の角質層に菌糸を張り、感染するには24時間以上必要とされ、洗い落とされずに白癬菌が多数存在している場所が感染経路として考えられています。

水虫の人に足から落ちた垢の中には多数の白癬菌が存在し、このような垢は、家庭内や公衆浴場の床やカーペットなどに多数存在しています。

特に多い場所は、スリッパや足拭きマットの中です。

バスマット

また、この菌は垢の中で長期にわたり生き延びるので水虫の感染源になりやすいとされています。

この垢は水虫では無い人が踏むと足に付着し、足が湿っていると、垢が付きやすいだけではなく白癬菌にとって増殖しやすい環境となります。

白癬菌は乾燥に弱いので垢が付着しても乾いた環境ならば感染しませんが、足が湿ったままの状態で靴下を履いたり、白癬菌が足に付着したまま長時間経過すると白癬菌に感染する確率が上昇します。

家庭内で白癬菌が多い場所は、居間の床、寝室の床、トイレのスリッパ、風呂場の足ふきマットなどが特に多いとされます。

日本人の文化は、家庭内では靴を脱ぎ素足で生活しています。

このような環境では水虫の人と同居している場合は、家庭内で感染する確率が非常に上がります。

白癬菌の感染力は、強くはないので直接接触後に直ちに感染するわけではありません。

湿度100%の環境で皮膚についた白癬菌が菌糸を伸ばして、角質層に入り込むのに24時間以上かかるとされています。

足に付着した白癬菌の多くは角質層に入り込む前に落ちてしまったり、洗い流されたり、タオルで拭き取られてしまいます。

24時間以上白癬菌が足についたままの状態で感染するのです。

つまり、感染しやすい環境下でも1日1回足をきれいに洗いタオルで水分を拭きとっていれば水虫にはならないことになります。

アカスリや軽石などで足をこすって傷がついていると短時間で感染する可能性があります。

また、靴を一日8時間以上履く人は水虫にかかる確率が高いとされます。

水虫になる可能性を低くするには、水虫の温床になる場所を減らし感染しにくいように良く体を洗うことが大切になります。

水虫菌(白癬菌)が増える環境

カビが増殖する環境は高温で多湿な環境ですので、カビの一種である白癬菌も高温多湿な環境で増殖します。

この白癬菌は人間の体温に近い35℃では湿度が85%以下だと付着してから1週間経過しても角質層に入り込めませんが湿度が100%になると1日で角質層に侵入できるとされます。

また、湿度100%の環境では、環境温度が15℃という低温でも3日から4日で侵入できるようになるとされます。

水虫の原因である白癬菌の感染には温度より湿度の方が重要な役割を果たしているとされます。

人間の足の指の間の湿度は素足で生活している人は80%程度ですが、1日の大部分を靴を履いて生活している人は100%近くになるとされます。

また、人間の足は1日200mlの汗をかくとされ、日本は高温多湿な機構なので梅雨時になると靴の中の湿度は100%に達するとされます。

湿度に加えて気温の上昇があると靴の中の温度も上昇して菌の増殖が始まります。

靴の中は、白癬菌が増殖するには良い環境であると言えます。

水虫菌は冬は活動が低下する

白癬菌は高温多湿な環境では増殖しますが、乾燥して寒い環境では活動が低下します。

夏に悩まされた水虫が冬場は症状が無くなるため治ったと思いがちですが白癬菌が死滅したわけではありません。

活動は低下しますが、生きているために気温の上昇とともに活動を再開して水虫になります。

冬は活動が低下するので炎症が起こらず痒みも治まります。

しかし、白癬菌は角質層で生き残り気温の上昇を待って、活動の低下したこの時期は白癬菌の根絶には最適な時期と言えます。