胃もたれに困るビジネスマン

健康な人は、食後、時間がたって消化が終わると胃のあたりがすっきりして胃を特に意識することはありません。

いつまでも胃の存在を感じ、重苦しくて辛いというのが胃もたれの症状です。

病気としては、胃アトニ―や慢性胃炎が考えられますが多くの場合は個人の体質や生活に起因しているようです。

デスクワークをしている方は過食や運動不足があげられます。

ストレスのたまりやすい仕事をしている方にも多くみられるようです。

加齢により、胃の消化機能が弱まっているところへ運動不足や接待や仕事上のつきあいでの過食、人間関係のストレスが胃に負担をかけていると考えられます。

子育ての終わった専業主婦にも同様のケースが多くみられます。

過食や運動不足は肥満に直結するものですがやせ型の人にも胃もたれは見られます。

消化機能が弱く食物の腸内での停滞時間が長いため残留感を感じている可能性がございます。

胃もたれを解消するには、これらの原因を取り除く必要がございます。

お腹がすくと胃が苦しいという人は注意が必要です。

空腹時の胃もたれは胃液の分泌が高まっているためで胃潰瘍や十二指腸潰瘍の疑いがございます。

また、肝臓の病気<や膵臓の病気でも胃がもたれることがあるので体質や生活を考えて原因が特に無いようであれば医師の診断を受けられることをお勧めいたします。 胃のもたれとガンの症状の特徴

胃腸薬の種類や特徴の解説はコチラ

胃もたれに良いツボの解説はコチラ

胃が重い・胃が痛い時のツボはコチラ

胃弱と間違えやすい危険な病気

吐き気がして食欲が無い、胃が重い、胸やけがするといって症状がある時は暴飲暴食以外にも病気の可能性があります。

胃の病気とは関係のない狭心症でも胃の痛みを感じることがあります。

胃ガン

胃ガンは、初期の段階ではほとんど症状が無いのが特徴です。

例外は潰瘍を作る早期がんで、胃潰瘍と同じように食事の1時間後や空腹時に胃が痛むことがあるとされます。

進行して、ガンが大きくなり、胃の入り口や出口を塞ぐほどになると胃が重苦しい、吐き気がするなどの症状があらわれます。

とはいえ、殆どの場合、症状がないので無症状の内に早期発見することが大切です。

早期に発見すれば生存率が高くなるのも特徴です。

胃ガンに関する詳しい解説はコチラ

つわり

妊娠すると間もなく、吐き気がして吐いたり、食欲がなくなるといった症状が現れます。

本人が妊娠に気づいていない場合は胃の調子が割ると重い病院でいの検査を受けるケースが多いとされます。

妊娠の可能性がある女性は、常に妊娠の可能性を考え診察を受ける時は医師に申し出てレントゲン検査の必要がある場合は生理後確認してからの方が良いでしょう。

つわりの解説と対処法

狭心症

狭心症というと、心臓が強烈に痛むことを想像しますが初期の段階では激痛が必ず起こるわけではなく胃の痛みや胸やけとして感じることがあります。

胃のあたりがキュット痛んだり、胸やけに感じることがあります。

少し休めば症状は消えるようですが、このような症状は狭心症が疑われます。

循環器科で精密検査を受けるようにしましょう。

脳の病気、怪我、全身の病気

脳出血、脳腫瘍、髄膜炎、脳炎などの脳の病気や頭を打って出血がある場合は嘔吐を起こす場合があります。

吐き気から始まるわけではなく、急に嘔吐が始まるのが特徴で、他は麻痺や激しい頭痛を伴うとされています。

また、血液中に老廃物がたまり血液の成分に変化があった時にも吐き気や嘔吐があるとされています。

二日酔いが良い例で、血液中にアルコールや分解酵素であるアセトアルデヒドなどが増えたことが原因で吐き気をもよおします。

腎臓病が悪化して尿毒症を起こしたり、糖尿病が悪化しても起こりますが、血液に老廃物がたまり脳に刺激を与えることが原因です。

急性肝炎や慢性肝炎の悪化

食欲不振、吐き気、腹部の不快感など胃の具合が悪い時は吐き気に似た症状が出ます。

この他、発熱、黄疸、だるさなどの症状が出ることがあります。

風邪による胃腸障害

風邪をひいても、吐き気、嘔吐、腹痛、腹部不快感など症状を起こし、発熱、喉の痛み、咳なども伴います。

その他、胆嚢炎、胆石症、膵臓炎など腹部の臓器の炎症でも吐き気や嘔吐の始まる可能性があります。

この場合も、腹痛、食欲不振、だるさ、発熱などの症状を伴います。