小腸

小腸の構造|栄養の消化と吸収

食物を消化し、栄養分を吸収する長さ約7~8mの管

体内で最も長い臓器

小腸とは十二指腸、空腸、回腸の3つの部分からなる、成人でおよそ7~8mもの長さを持つ消化管です。

人間の体内で最も長い臓器ですが、からだの中では腸管の筋肉により3mほどに縮んでいます。

十二指腸を除く小腸の前半の空腸は約5分の2、後半の回腸は約5分の3の長さです。

また、空腸と回腸は、解剖学上便宜的に分けられているだけで回腸の方が腸液の分泌が多少多い事を除けば働きはほぼ同じです。

長い小腸は、腸間膜によって腹腔の後壁に固定されており腸間膜の中には血管やリンパ管、神経が通っています。

小腸内部の構造

小腸の表面積は人間の体表面積の5倍

小腸の直径は約4cmで、内壁はヒダが多く、500万もの絨毛でびっしりと覆われています。

これらの、絨毛の小突起の表面も加えると、全体の表面積は約200平方メートルにもなり人間の体表面積の約5倍という広さです。

これは、消化物と接触する面をできるだけ広くとり水分や栄養分の消化、吸収活動をむだなく行うためです。

絨毛の長さは約1mm。中には毛細血管網と1本のリンパ管が通っています。

栄養分は、この表面にある吸収上皮という組織に吸収され毛細血管を流れる血液に溶け込んで肝臓に運ばれます。

腸炎とは

腸炎には、急性と慢性のものがあります。

急性の場合は、多くは病原菌の感染によるものであるとされ、慢性のものは感染以外の疾患の影響があるとされています。

小腸の病気 一覧

小腸の栄養吸収のしくみ|最後の消化作業|絨毛の消化活動

微絨毛表面の終末消化酵素の働きで、最後の消化活動がすばやく行われる

絨毛と呼ばれる突起が栄養分を吸収

十二指腸では、酵素や胆汁、膵液などが分泌されて食物と混ぜ合わされ食物に含まれるたんぱく質をアミノ酸に、糖質をブドウ糖に、脂肪を脂肪酸に栄養素を分解します。

消化物は、空腸へ送られて、栄養分が吸収されますが重要な役割を果たすのは、内壁にびっしり生えた絨毛と呼ばれる小突起です。

絨毛の表面は約6,000個の栄養吸収細胞で覆われておりその表面にはさらに細かい微絨毛があります。

消化物が分解されてできた栄養素はここで吸収されます。

小腸は消化管の中で消化と吸収の主役としてはたらく臓器です。

食物は十二指腸と空腸で消化をほとんど終え回腸では主として消化された栄養素の吸収がおこなわれます。

微絨毛の消化酵素の働き

絨毛の表面を拡大してみると栄養吸収細胞の外側を向いた面に細かい微絨毛が隙間なく並んでいます。

微絨毛の表面には栄養素を最終的に分解する酵素(終末消化酵素)が並んでおり、その酵素にぶつかった栄養素は最小サイズにバラバラにされすばやく吸収されます。

これは、たいせつな栄養素を微絨毛の周辺いる最近に奪い取られないためです。

終末酵素には様々なタイプがあり全ての栄養素を吸収できるわけではありません。

しかし、最小限ま分解すると合わないタイプの栄養素でも吸収ができるとされています。

吸収した後、再び自分に合ったタンパク質や脂肪に再合成されます。

腸内細菌

空腸や回腸以下の臓器には細菌が存在し大腸には約1000種類、100兆個もの腸内細菌が住んでいるとされています。

細菌には、ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの善玉菌とウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌があり悪玉菌の繁殖を抑えています。

抗生物質や老化などで腸内細菌のバランスが崩れると様々な疾患の原因となりますので注意が必要です。

小腸の病気 一覧