胆嚢(たんのう)の働き|胆汁の濃縮タンク

腸内での脂肪の消化吸収を助ける胆汁を濃縮して貯蔵する

胆嚢の構造

胆嚢は胆汁の濃縮庫

胆嚢(たんのう)とは肝臓と十二指腸をつなぐ管の途中にある長さ10cm、容積約30~20mlの西洋ナシに似た形をした袋状の器官です。

肝臓から来る胆管が一緒になって総胆管となり、胆嚢と総胆管は胆嚢管がつないでいます。

これらを総称して胆道といいます。

腸内の脂肪分の消化吸収を助ける働き持つ胆汁は肝臓で作られその約半分が肝管を経て胆嚢に送られます。

胆汁は90%以上が水分でできていますが、ここではその水分、塩分が吸収されおよそ5倍から10倍に濃縮されたうえで貯蔵されます。

胆汁の役割

脂肪分の消化吸収を助ける胆汁

胆汁は腸内の消化吸収に欠かせない存在ですが胆汁そのものに消化吸収酵素はありません。

食物中の脂肪は、膵液(すいえき)に含まれるアミラーゼやリパーゼんなどの消化酵素によって脂肪酸とグリセリンに分解されます。

この時、胆汁は消化酵素がより効率的にはたらけるよう活性化させる性質を持っています。

また、脂肪が分解してできた脂肪酸を、腸内でより吸収しやすい形に変えるのも胆汁の仕事です。

水に溶けない脂肪酸はそのままでは吸収されないため胆汁が作用して水に溶ける形に変えるのです。

胆汁が排出されるタイミング

十二指腸に脂肪分の多い食物が入ってくると脂肪に含まれるアミノ酸や脂肪酸の刺激により十二指腸及び空腸からコレシストキニンという消化管ホルモンが分泌されます。

このホルモンの刺激を受けると、胆嚢は平滑筋を収縮させて胆汁を絞り出すように排出します。

胆汁は総胆管を通って十二指腸に達しそこで膵臓から送られてきた膵液と合流し脂肪を消化吸収する手助けをします。

胆汁は食事の約1時間後から排出され始め排出量は約2時間後にピークに達しその後徐々に減っていきます。

胆嚢の病気 記事一覧

胆汁の働き|膵液(すいえき)の活性化と消化吸収を助ける機能

腸からの合図で排出される胆汁

主な働きは、脂肪の消化吸収を助ける。

胆汁の成分

成分は胆汁酸や胆汁色素

成人で1日に約1Lほど肝臓から分泌される胆汁は弱アルカリ性の黄色い液体です。

肝臓でつくられたばかりの胆汁は黄色ですが胆嚢で濃縮されると黒っぽい色に変化します。

胆汁には胆汁酸、ビリルビン(胆汁色素)コレステロールなどの成分が含まれます。

胆汁酸は十二指腸で乳化された脂肪が、小腸でグリセリンと脂肪酸に分解されて吸収されるのを助けます。

また、ビリルビンは腸内細菌によって代謝されウロビリノーゲンという物質になりその一部は腸から吸収されて肝臓に入り再び胆汁の材料になります。

便とともに排泄されるビリルビン

ビリルビンは破壊された赤血球の一部

胆汁の成分の1つでもあるビリルビンとは古くなって破壊された赤血球の一部で、胆汁の黄色い色はビリルビンの色素によるものです。

通常、ビリルビンは腸にはいり便とともに排泄されますが肝機能に異常があったり、胆石があると胆汁に入らず血液中に混じることがあります。

血液に混入したビリルビンは尿に混じって排出されますがその場合、尿の色は濃い黄色か褐色になります。

またビリルビンが混じらないために便が白っぽくなることもあります。

つまり尿や便の色で肝臓の変調や胆石の有無が判断できるのです。